S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法のレビューです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 レビュー

価格 6,480円(税込)
発売日 2019年8月10日
メーカー バンダイ
作品 『仮面ライダーOOO』

パッケージ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 パッケージ

まずはパッケージから。いつもの真骨彫製法のデザインにオーズが描かれています。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 パッケージ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 パッケージ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 パッケージ

ブリスターはいつもの2段式。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法のレビュー!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

早速取り出いして、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法のレビューです。まずは全身から。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

ぐるっと一周。完全新規造形でリニューアルされた仮面ライダーオーズのフィギュアーツ。見事に劇中スーツを立体化しています。バランスも良く、素晴らしい。塗装ムラや墨入れのはみだしもないですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

バストアップ。目はもちろんクリアパーツ。顔の大きさや輪郭のバランスも素晴らしい。ほぼ劇中マスクそのまま。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

オーズのデザインで一番の特徴でもあるオーラングサークル。上からタカ・トラ・バッタの意匠が再現されています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

トラの力が宿るアーム。こちらも違和感なく再現。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

トラクローも再現しています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

脚も違和感なし。以前のフィギュアーツでは黒いラインの塗装のムラがひどかったイメージでしたが、真骨彫ではそのあたりも綺麗に仕上がっています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

膝下には回転軸もあり。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

細かいラインですが、きれいな塗装です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 オーズドライバー コアメダル

オーズドライバーにはコアメダルのタカ、トラ、バッタが装填されています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 オーズドライバー

コアメダルは3枚とも取り外しが可能で、今後発売される別コンボとの組み替えでメダルの交換もすることができます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 コアメダル

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 コアメダル

ちなみにコアメダルは最初ランナーに繋がれた状態なので、適宜取り外す必要があります。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

右腰にはオースキャナーがマウントされています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

オースキャナーは取り外しもできます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

メダルホルダーも再現。開閉などのギミックは特になし。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身

旧S.H.フィギュアーツの仮面ライダーオーズ タトバコンボと比較。スタイルが大きく異なっています。地味のバッタのグリーンカラーの色調も異なっていますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 仮面ライダーバース 比較

2号ライダーである仮面ライダーバースと比較。バースも数年前に発売されたアイテムのため、真骨彫オーズと比較してしまうと全然違っていますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 アンク 比較

グリードの1人であるアンク完全体と比較。こちらはアンクの方が身長は高めで、並べても特に違和感感じませんね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 全身 仮面ライダーフォーゼ 比較

名作映画『MOVIE大戦MEGA MAX』で共演した仮面ライダーフォーゼ。フォーゼもそろそろ真骨彫でリニューアルしてほしいですね。

付属品一覧

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 手首

こちらはオーズの交換用手首一覧です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 トラクロー

こちらはトラクロー展開状態の腕パーツ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 トラクロー

肘下全部を交換するタイプなので、トラクローも展開状態よりは大きめになっています。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 トラクロー

手首交換の都合でトラクローも多少なら上へ動かせます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 メダジャリバー

メイン武装のメダジャリバーです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 メダジャリバー

裏側までしっかりと再現されています。ブルーのラインなどの塗分けも細かい。大きさも十分ですね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 メダジャリバー

セルメダルが見える窓パーツを取り外すことができ、

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 メダジャリバー

セルメダル付きパーツと交換することができます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 付属品 補助パーツ

こちらはオーズドライバーのコアメダルを外すための補助パーツです。

可動範囲

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲

首の回転は広く、肩アーマーは腕側についていますので、うまく逃がせば大きく可動させることができます。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲
  • 首の前後可動も広めです。

  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲

腰の前後可動も大きく動かせますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲

腰回転も広め。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 可動範囲

開脚も大きく開くことができますので、オーズらしいポージングが楽しめます。また接地性も問題なし。

コンボチェンジギミック

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 コンボチェンジ

真骨彫オーズにはコンボチェンジギミックがあり、写真のように3分割させることができます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 コンボチェンジ

首とアームの接続軸はこんな感じ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 コンボチェンジ

アームと下半身の接続はこんな感じになっています。ここはちょっときつめ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法のアクション!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

タ・ト・バ♪タトバ・タ・ト・バ♪

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション アンク

アンク『歌は気にするな!』

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション アンク

ということで仮面ライダーオーズの真骨彫が発売されました。手に入れるのに相当苦労しましたが、友達に救われました・・・!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

オーズのフィギュアーツは放送当時に発売されたアイテムだったので、実質リニューアルとなる今回のアイテムはとてもうれしい。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

大きく脚や腕を開くポーズが多いオーズなので、そこもしっかりと再現できる点は素晴らしい。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

ちょっと角度付けたトラポーズも再現可能。膝下の回転軸がこのポーズで活きますね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

最高のオーズだ・・・。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

翼が欲しくなる。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション カザリ

以前に発売されたグリードたちやセルメダルのパーツを使えば戦闘シーンも再現できます。こちらはカザリ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

トラクローを展開。大きさもちょうどよさげ。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

ほんとかっこいいな。真骨彫は素晴らしい。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション ガメル

ガメルを切り裂く。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

メダジャリバーを使用。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

必殺技後の空間が裂けるような演出が好きでしたね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

オースキャナーでスキャン。手か左右逆に持たせるべきでしたね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション

映司『ライダーは助け合いでしょ』
劇場版『仮面ライダーW 運命のガイアメモリ』の1シーン。この時の映司はちょっとキャラが違っていましたね。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション 仮面ライダーW

フィリップ『上下三色とは、興味深い』
仮面ライダーWも真骨彫で発売したので、あとはフォーゼさえくればMEGA MAXでの3大ライダー並びたちが再現できる・・・!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法 アクション アンク

映司『いくよ、アンク』

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 真骨彫製法のレビューでした。
入手には本当に苦労しましたし、転売屋はめちゃくちゃわいたアイテムでしたが、それだけ物はよかったです。劇中再現も違和感なく、そして簡単にできちゃうのが楽しくてしょうがなかったですね。
すでに展開済みでもあるフィギュアーツのオーズ関連のキャラとも合わせやすかったのは素晴らしかった。オーズ本体の造形はもうこれ以上言うことはないでしょう。可動域も非常に広くて最高です。
コンボチェンジギミックはタトバだけだとまだその恩恵を味わうことはできませんが、記事投稿段階では公式通販限定でガタキリバが真骨彫で発売される予定です。また公式ブログではアンクの真骨彫もでるとかでないとか言われていましたので、そちらにも期待ですね。

ゆとぴ

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


  1. アバター デルタ より:

    まさかコンボチェンジギミックを取り入れてくるとは…

  2. ゆとぴ ゆとぴ より:

    感動しましたよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です