『ヴェノム2』登場のシュリーク役にナオミ・ハリス出演の噂 - カーネイジとコンビを組むヴィラン役に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズが進めるスパイダーマンのキャラクターたちを使用したスピンオフ作品のうち、続編への注目が集まっている『ヴェノム2』
既に前作から主演のトム・ハーディとヒロインのミシェル・ウィリアムズ、そしてポストクレジットシーンに登場したクレタス・キャサディ/カーネイジ役のウディ・ハレルソンも再出演することが決まっています。

そんな今作にもう一人のヴィランとして登場が噂されるシュリーク役に、新たな女優の名前が浮上してきました。

『007』出演女優がアメコミ映画に?

海外メディアのバラエティによると、『ヴェノム2』に登場するといわれているシュリーク役に、『007 スペクター』などでイヴ・マネーペニー役を演じたナオミ・ハリスが出演する可能性があることを報じています。

‘Venom 2’: Naomie Harris Eyed to Play Villain Shriek Opposite Tom Hardy (EXCLUSIVE)

現在のステータスとしては交渉中であることを伝えており、まだ出演が確定したわけではなさそうです。

シュリークはカーネイジがニューヨークで大虐殺を引き起こすコミック「Maximum Carnage」に登場した女性ヴィランで、超音波や心を操る特殊能力を持っています。特に超音波攻撃は特定の音波に弱いシンビオートにとっては最大の脅威となります。コミックではカーネイジとコンビを組み悪の限りを尽くし、ヴェノムやスパイダーマンたちを苦しめていきます。

今作でも同じようにカーネイジとコンビを組んでニューヨークで暴れまわるのかはわかりませんが、もう「Maximum Carnage」を元にした場合、スパイダーマンとのクロスオーバーも気になるところ。
スパイダーマンの権利を持つソニー・ピクチャーズが、ウォルト・ディズニー社と新たな契約を結んだ際は、「スパイダーマンは複数のシネマティック・ユニバースを横断する」とのコメントもあったため、さっそく『ヴェノム2』での共演の可能性もあり得るということになりますね。

果たしてアンチヒーローの活躍を描く『ヴェノム2』はどのような作品になっていくのか?今後の情報に注目です。
『ヴェノム2』は2020年10月2日に全米公開予定

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です