『ワンダヴィジョン』メインヴィラン、当初にはコミック通りのキャラクターを計画? ー 脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

Disney+ (ディズニープラス)の最初のマーベル・スタジオ製作ドラマとなった『ワンダヴィジョン』
最終話を迎えて『ワンダヴィジョン』ロスになるファンも多くいるが、今作に登場したヴィランがコミックと大きく変化したことについても気になっているファンも多いようだ。

そんなヴィランについて今作の脚本家がその経緯を明かしてくれた。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

「ヴィランにした方が良かった」

海外メディアのエンターテイメントウィークリー誌のインタビューに答えた『ワンダヴィジョン』の脚本家ジャック・シェイファー氏は、今作でヴィランとして登場した魔女のアガサ・ハークネスがコミックとは異なるキャラクターになったことについてその経緯を明かしてくれた。

‘WandaVision’ Creator on Agatha’s Master Plan, That Ralph Bohner Reveal and White Vision (Exclusive)

アガサは製作の会話の中心でした。初期の段階では彼女はよりメンターとして機能し、そして私たちがエピソードを執筆し始めると、彼女をヴィランとしていく方が構造的に非常に役立つことがわかってきたので、彼女はますますその方向に進んでいった。』

コミックでのアガサ・ハークネスはワンダと敵対することもあったが、どちらかというとワンダを魔女として適切な方向に導くためのメンターとしての色合いが強かった。そのためドラマでも最終的にはアガサがワンダのメンターとして大きな役割を果たすのではないかと思われていた。

しかし最後まで2人は敵対することとなり、ワンダがアガサのパワーを吸収し、ウェストビューの”詮索好きな隣人”に変化させてしまったため、コミックのような関係になることはなかった。
もちろん今後の作品に再登場することは十分にあり得るだろう。それがドラマなのか映画なのかはわからないが、ワンダにとっても重要キャラであることは変わりないため、さらなる展開には期待しておこう。

『ワンダヴィジョン』は現在Disney+ (ディズニープラス)にて全話配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする