S.H.フィギュアーツ アンク(人間態) レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

「映司、相変わらずボロボロだな」

価格 6,600円(税込)
発送日 2020年6月24日
メーカー バンダイ・スピリッツ
作品 『仮面ライダーOOO』

パッケージ

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ

まずはパッケージから。前面は真骨彫製法なデザイン。

  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ

ちなみに今回のパッケージ、いつもの真骨彫なら蓋が付いたタイプなのですが、今回はいつものフィギュアーツの箱と同じタイプのものでしたね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ

ブリスター状態。手首パーツが多め。付属品も目立ちますね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー パッケージ

どうやら個体によってはフェイスのデジプリがズレているものがあるらしい。僕のも良ーく見たらずれていましたが、良く見ないとわからないレベルなら気にしないのが僕です。

S.H.フィギュアーツ アンク(人間態)のレビュー!

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

早速取り出して、S.H.フィギュアーツ アンク(人間態)のレビューです。まずは全身から見ていきましょう。

  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身
  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

フィギュアとしては全然申し分ないです。アンクらしいスタイルだし、すらっとした姿も演じる三浦涼介らしいので好みです。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身
  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

バストアップ。特徴的な金髪の髪型と、三浦涼介さんのフェイスを結構リアルめに再現しています。近寄るとより似ているように感じますね。ノーマルフェイスのプリントは特にズレは無し。
髪のグラデーションは少しやりすぎなぐらいの濃淡がありますね。『鬼滅の刃』の善逸を彷彿とさせました。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

首とフェイスの肌色が異なるのは少し気になりますね。首の方も筋などがリアルに再現しているので、ここも塗装してほしかったのが本音。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

ジャケットは軟質素材で、シワや縫い目、ポケットをリアルに再現しています。チャックも良い感じですね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

ベルトは穴までしっかり再現。シルバーカラーも塗装されており、非常に細かい。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

腕もこんな感じ。少し細めな印象。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

右腕は設定通りにワインレッドカラーに。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

そして別売りの真骨彫アンク(右腕)も差し替えが可能!結構簡単にできるので嬉しい。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

背中にもしわ感が再現されています。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

脚は細身ですらっとしていますね。かなり長く見えるので、これのおかげでスタイルも良く見える。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身

靴は光沢感も再現し、金具も塗装されています。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 全身 仮面ライダーオーズ タトバコンボ 比較

同じS.H.フィギュアーツ 真骨彫製法の仮面ライダーオーズ タトバコンボと比較。スーツを着たライダーとの比較なので、どうしても線はアンクの方が細いです。ただ身長は同じぐらい。全体的なサイズ感も劇中に近いのではないでしょうか。

付属品一覧

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 手首

こちらは付属品の手首パーツ。アイテムを持つための手が結構多めですね。手の甲に浮かぶ骨まで再現していますし、塗装も施されているのでリアル。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 アイスキャンディー

アイスキャンデー。こちらは3本のアイスキャンディーと手首パーツが一体化しています。取り付けの際は木の棒のところが細いので破損には注意ですね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 オーメダルホルダー

アンクが常に持ち歩くメダルホルダー。表のデザインもしっかりと再現。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 

中はこのようにメダルを入れるための穴が用意されています。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 オーメダルホルダー

しかもしっかりメダルをはめ込むことも可能。これは嬉しいけど、はめ込んだら取れなくなりそう。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 オーメダルホルダー

もちろん閉じることも可能です。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 表情パーツ

こちらは差し替えの表情パーツ。片方の口角をあげてにやりとするアンクの顔です。これもアンクらしい表情ですね。
交換は前髪を外すことで可能。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 表情パーツ オ!エージ!!

こちらはいわゆる「オ!エージ!!」の時のフェイス。こちらのフェイスのプリントがズレているのが多数報告されていましたね。いわれてみれば口がズレているような気もする。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 付属品 メダル外し

最後はメダルの取り外しのための器具パーツ。

可動範囲

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲

首の回転は広め。肩の可動も広く動かせました。

  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲
  • 首の前後可動も意外と動きますね。アゴ下にスペースがあるので、その分動かせます。

  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲

腰の前後可動。予想通りジャケットの関係であまり大きくは動かず。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲

腰回転は広め。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー 可動範囲

開脚は広めですね。接地性は厳しめ。

S.H.フィギュアーツ アンク(人間態)のアクション!

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

ということで、アンク(人間態)のアクションをしていきましょう。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

まさか人間態のアンクのアーツが発売する日が来るとは思わなかった。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

結構顔は似ていると思うんですけどねぇ。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

どことなく漂うヤンキー感。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

ということで地べたに座らせたらよりヤンキーになりました。ビジュアルがもろヤンキーですからそりゃそうです。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

アイスキャンディーを真顔で持つアンク。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

やっぱりニヤッとしている方が喜んでいる感じがしていいですね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

見てて思いましたが絶対腹壊す。体は普通の人間ですからね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

アイスキャンディー持ちながらのこの表情はシュール。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

メダルホルダーを持たせてみる。これだけでかなりアンクらしいイメージになりましたね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

メダルが集まって満足気なアンク。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

ホルダーからメダルをえらぶ姿も。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション ウヴァ

ウヴァさんにメダルを自慢するっぽい写真になってしまった。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

そして腕を変更!これでかなり劇中のアンクっぽくなりました。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

戦闘時はこの姿でしたので、アクションポーズも。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

めちゃ厳ついヤンキー。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

取り付けも結構簡単にできるのですが、どうせならセットで発売してほしかった。腕のアンク自体のクオリティーが結構微妙なところでしたので、単品よりはセットにして安くしてほしかった気持ちがあります。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

妖しげな雰囲気のアンク。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

フェイスは近づくと似ていますよね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

メダルを持たせてオ!エージ!!!(タカメダルどうやってもってるんだよな写真になってしまった。)

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

映司との言い争い。これこそ『仮面ライダーOOO』って感じですね。良き良き。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

そして二人並べる。『平成ジェネレーションズFINAL』を思い出しますね。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

メダルを出して初のコンボを試そうとするシーン。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

ガタキリバコンボへと変身!なんかこの話は異様に覚えています。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション

早くタジャドルも欲しいゾ。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション グリード態

最後は数年前に発売したグリード態のアンクと並べてみる。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション グリード態

劇中でメダルが集まったアンクが人間態のままで背中から翼を展開していましたが、さすがに取り付けることはできず。

S.H.フィギュアーツ アンク 人間態 レビュー アクション グリード態

以上、S.H.フィギュアーツ アンク(人間態)のレビューでした。
全体的には良くできたアイテムだとは思います。また顔のプリントのずれですが、個人的にはそこまできにならず。ほかに大きくずれていた方はいたのでしょうかね?そしてフェイスも結構似ている部類だとは思ったので、全然満足できました。オ!エージ!!顔もアンクらしくて好きです。
あまり大きくポージングさせるタイプのキャラではないですが、それでもアクションポーズも楽しめるのがいい。あとはメダルを渡してからのコンボチェンジとかも再現できるようになったのは嬉しいですね。一気にオーズの世界観の再現度があがりました。はやくタジャドル真骨彫が欲しい。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする