『ブラックパンサー』続編に”ヴァル”が再登場する? ー 女性版フューリーが暗躍か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在撮影が進んでいるMCUシリーズ最新作の『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』。すでにいくつかの撮影現場で主要キャストが目撃され、さらには新たに参戦するリリ・ウィルアムズ/アイアンハート役のドミニク・ソーンの姿も確認されていた。

そんな今作にさらに気になるキャラクターが登場するとの情報が入ってきた。

ヴァル役女優のメイクアップアーティストが示唆

『ファルコン&ウィンターソルジャー』や『ブラックウィドウ』でコンテッサ・ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ、通称”ヴァル”を演じた女優のジュリア・ルイス=ドレイファス。そんな彼女のメイクアップアーティストを務めるカレン・カワハラ氏が自身のインスタグラムにて、マーベル・スタジオ作品のためにアトランタのセットに訪れていることを明らかにした。

現在アトランタで撮影されているマーベル作品は『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』のみであり、状況証拠的にはジュリア・ルイス=ドレイファスが今作に出演するということになる。

ヴァルは『ファルコン&ウィンターソルジャー』でキャプテンアメリカをクビになってしまったジョン・ウォーカーをスカウトし、新たなスーツと「U.S.エージェント」という新たな名前を与えていた。
また『ブラックウィドウ』でもポストクレジットシーンにて、ナターシャ・ロマノフを失った妹のエレーナに暗殺の仕事を依頼している姿が描かれていた。

表舞台の裏で怪しい動きをしているヴァル。そんな彼女が『ブラックウィドウ:ワカンダ・フォーエバー』に登場するとなれば、また新たな人物をスカウトすることは確実だろう。果たして誰と接触するために姿を現すのだろうか?

女性版フューリーとも名高いヴァルの行動に注目をしながら、今作の公開を待つとしておこう。
映画は2022年7月8日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする