『アベンジャーズ/エンドゲーム』、もう一つのブラックウィドウ死亡シーンが公開 - サノス軍の襲撃も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アベンジャーズの初期メンバーとして活躍し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では偉大な犠牲を払ったブラックウィドウ。5月には初の単独映画が公開予定だったが、残念ながら現在は11月に延期となっている。

『エンドゲーム』ではブラックウィドウことナターシャ・ロマノフが自ら崖から飛び降り、間一髪でクリント・バートンが受け止めたが、手を放して落下していった。

そんな悲劇的なシーンの別バージョンがオンラインで公開された。

サノス軍が2人を襲撃していた

オンライン上では『アベンジャーズ/エンドゲーム』の使用されなかったシーンが公開。ブラックウィドウが犠牲になったシーンのもう一つのバージョンを見ることができる。

動画ではヴォーミアにいるブラックウィドウとホークアイがサノス軍によって襲撃を受けているのがわかる。次々に放たれる緑のビームにナターシャは何度も撃ち抜かれ、立つこともできなくなった彼女は最期にクリントを助けた後、崖から飛び降りたのだ。
実際に公開されたシーンとはだいぶ雰囲気も内容も異なるものとなっている。

この映像が存在していること自体は以前からわかっていたが、このようにオンラインで映像が公開されたのは初めてである。米国ではインフィニティサーガBOXにて収録されている。

なぜこのシーンが使用されなかったかはわかっていないが、実際に公開されたものの方がよりナターシャとクリントの関係性を描き出していると個人的には感じる。
また過去に戻ったアベンジャーズたちのバトルシーンに関しても、2012年に戻ったキャプテンアメリカVSキャプテンアメリカが存在しており、バトルをかぶらせないようにしたのかもしれない。

いずれにしても変更されたことによってナターシャの犠牲がより際立って見えるため、功を奏しているのかもしれない。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は現在ストリーミングサービスで視聴可能だ。

関連記事を読む

  1. アバター 11 より:

    後ろからサノスが来てるし、これにしちゃったらソウルストーンを益々献上してるような物になっちゃうから?ですかねボツにしたの

コメントをする