『エコー』は実質『デアデビル』シーズン4? ー キャストそのままにソフトリブートとも

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Netflixドラマ『デアデビル』は現在最も新作が待ち望まれているドラマシリーズとなっているが、ここ最近になって出演したキャストをそのままに新たな新作の製作やゲスト出演の噂が囁かれ始めている。

そんな噂のひとつである『エコー』へのデアデビルの登場についてもすこし詳細な情報が入ってきた。

大きくリブートはしない?

海外のスクーパーからの情報によれば、『ホークアイ』のスピンオフとしてDisney+ (ディズニープラス)で製作されるといわれているドラマ『エコー』に、『デアデビル』のチャーリー・コックスをはじめとしたメインキャストが続投した形で同じキャラクターを演じると報じられている。

ECHO Rumored To Be Akin To DAREDEVIL Season 4 With Most Of The Netflix Show’s Cast Expected To Return

以前の情報では『エコー』にはチャーリー・コックスのデアデビルと、ヴィンセント・ドノフリオが演じるキングピンのみの登場といわれていたが、ここに加えて周辺のキャラクターたちも追加されるという。

また今作は半分は『デアデビル』シーズン4のような雰囲気にもなるとされている。もちろん主人公がエコーであることは変わりない。

このほか、『デアデビル』のリブートについては完全に書き換えるというわけではなく、過去については匂わせる程度のソフトリブートになると伝えている。
今回のニュースが事実だとしても、Netflix時代の物語については詳しく触れていかないということだろう。そのためデアデビルのスーツデザインなども変更される可能性もありそうだ。

まだまだファンの人気が衰えない『デアデビル』。果たしてマーベル・スタジオは盲目のヒーローをどのようにして復活させるのだろうか?今後の情報には注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする