マーベルスタジオ社長、『デッドプール』の継続を表明! - 『なぜ変更する必要があるのか?』

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社が20世紀FOXの買収を完了させてしばらく経ちましたが、ディズニー傘下のマーベル・スタジオは数年後にMCUシリーズへの『X-MEN』『ファンタスティックフォー』の導入を計画していることがわかっています。

これに合わせて現在まで続いている『X-MEN』のシリーズは2019年6月に公開する『ダークフェニックス』を最後に終了するとみられます。

しかしライアン・レイノルズ主演の『デッドプール』は世界中にコアなファンを獲得しており、本家のX-MENとはまた異なる路線になっているのは有名です。

そんな『デッドプール』について、マーベル・スタジオ社長は改めて継続の意思を表明しています。

『デッドプールが人気を得ているのは間違いないこと』

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、海外メディアのVarietyのインタビューに答え、FOXがディズニーに買収された後『デッドプール』が継続していくのかどうかについてコメントをしています。

Marvel Studios Chief Kevin Feige on the Disney Plus Shows, Fox Deal

『FOXを買収したとき、ボブ・アイガー(ディズニー社会長)「壊れていないのならば直す必要はない」と語りました。デッドプールが機能していることに疑いはありません。なぜ変更する必要があるのでしょうか?

ディズニー傘下にあるマーベル・スタジオは、ディズニーの方針であるファミリー層向け作品を作ることは今後も変わりません。しかしFOXはR指定作品を多く製作しており、『デッドプール』もその一つでした。
ファミリー層とは逆であるR指定作品は、ディズニー傘下では製作されないと予想されていましたが、今回のコメントで改めて
今後もおなじみのデッドプールの活躍を見れることを確かめることができました。

デッドプールは現在、ケーブルとドミノを加えた3人の主演映画X-フォースの製作を行う予定です。また『デッドプール3』についても計画されているという噂が存在していました。

『デッドプール3』の計画が進行中?ライアン・レイノルズが証言!

ディズニー傘下となった『デッドプール』がどのような作品になっていくのか、そしてディズニーとしては初の試みに近いR指定作品が本当に製作されるのか今後も注目していきましょう。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です