あのバットマン俳優、『ザ・フラッシュ』出演を断っていた ー 作品への想い入れが理由に

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ザ・フラッシュ』のネタバレが含まれています。ご注意ください。

DCEUシリーズの新作として公開された『ザ・フラッシュ』では、ベン・アフレックとマイケル・キートンが演じるバットマンが二人登場しており、往年のDC映画ファンからも注目度の高い作品となっている。

そんな今作では公開前からどの俳優が出演するかも予想されていたが、新たな情報によると、『ダークナイト』3部作でバットマンを演じたクリスチャン・ベールもオファーを受けていたことが明らかになった。

ただオファーを受けても断り続けたとのことで、彼が再びバットマンを演じることはなかった。

クリスチャン・ベールは以前からもコメントしているが、クリストファー・ノーラン監督無しではバットマンを演じることはないことが、『ザ・フラッシュ』への出演オファーを断った理由だろう。

そしてクリスチャン・ベールがオファーを断ったことにより、映画終盤でのブルース・ウェイン役がジョージ・クルーニーに変更されたというのだ。そのためクルーニーは第一候補ではなかったようだ。

もちろんファンとしてジョージ・クルーニーの出演だけでも嬉しいサプライズではあったが、クリスチャン・ベールが出演することによって『ダークナイト』に触れることについては、DCファンからも難色を示す層も一定以上いたはずだろう。

今後のDC映画でのバットマンは、ロバート・パティンソンの『ザ・バットマン』シリーズに加えて、DCUシリーズでも『ザ・ブレイブ&ザ・ボールド』の新たなバットマン映画の制作が予定されている。後者は『ザ・フラッシュ』と同じアンディ・ムスキエッティ監督がメガホンを取る予定だ。

もはや伝説となっている『ダークナイト』3部作は、あえて他の作品と繋げないことによって名作として成り立っている。むしろ『ザ・フラッシュ』にクリスチャン・ベールが出演しなかったことは、お互いの作品の価値を下げずに済んだのかもしれない。

『ザ・フラッシュ』は2023年6月16日より劇場公開中だ。

  • 【広告】

  • 【広告】