『ブラックパンサー』エムバク役俳優、『エンドゲーム』後のワカンダの変化を語る ー 「すでに国の一員」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

先日予告編も解禁され再び話題に上がり始めたMCUシリーズ『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
今作では『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後のワカンダを再び描く映画となっており、さらに国王だったティ・チャラ/ブラックパンサーが亡きあとの物語となっている。

そんな混迷を極めていそうなワカンダの『エンドゲーム』後の変化について、エムバク役ウィンストン・デューク海外メディアのインタビューでコメントしてくれた。

『「インフィニティ・ウォー」と「エンドゲーム」での出来事は、ジャバリ族がいまでは本格的にワカンダの一員であることを示していたと思います。(中略)エムバクたちが孤立してしまうこともないだろう。彼らの国境は開放されており、エムバク自身もワカンダ人であると自覚しています。コミュニティ全体が拡大しました』

前作ではエムバク率いるジャバリ族はワカンダの他の部族たちとは一線を画していた存在として描かれており、人里離れた山奥に暮らす民族だった。
国王を決める血統の際はティ・チャラに挑むも敗北してワカンダの国王になることはなかった。

その後キルモンガーによって国王の座が奪われ、意識不明になったティ・チャラを救出したり、ワカンダの混乱でも彼ら側につくなど一定の距離を保ちながらも理解のあるキャラクターとして描かれていた。

サノスのスナップでは消滅していなかったことがわかっており、空白の5年の間にワカンダの他の民族との距離も縮まったのだとうかがえる。『エンドゲーム』でも最終決戦には参戦をしていた。

今作ではどのような活躍を見ることができるかはわからないが、予告編にも数秒登場しており、ティ・チャラ亡きあとのワカンダにおいて頼りになる存在になることは間違いないだろう。

最後にウィンストン・デュークは今作のワカンダと現実世界を結びつけながら、変化に対応する世界を描くとコメントした。

『映画は彼がどのようにしてワカンダの新しい世界を対処していくかをみることができる。それは私たちも経験しなければならなかった新しい世界に似ている。コロナ禍の世界。アフター・パンデミック、またはパンデミックさなかの世界。私たちと同じように映画のキャラクターたちはは同じことを経験し、前進していく方法を考え出しています. この映画ではそれをテーマとして扱っており、深く掘り下げています』

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』は2022年11月11日に日米同時公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。