ドラマ『ワンダーマン』はマーベル・スポットライトに? ー 他MCUとの関係は薄いシリーズ

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

かねてから制作の情報があり、すでに『シャン・チー』のデスティン・ダニエル・クレットン監督により制作が進んでいると報告されているマーベルドラマ『ワンダーマン』

海外メディアによると、どうやら今作は新たなマーベル・スタジオのドラマブランドである「マーベル・スポットライト」の下で展開されるシリーズであると報告されている。

マーベル・スポットライトは、『エコー』が第一弾作品として発表されており、他のMCU作品の視聴を必要としない、単独の作品だけで完結するようなドラマシリーズを指している。
そのためドラマの評判次第では、通常の海外ドラマのようにシーズン2やシーズン3といった展開も可能になると見られる。

かつては『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』、Netflixの『デアデビル』なども同様の展開を見せており、マーベル・スタジオがこれに回帰するようなものとなっている。

『ワンダーマン』は一時はストライキによって制作がストップされ、スト中には制作自体が中止になったとも報告されていたが、『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』からデスティン・ダニエル・クレットン監督が降板したニュースと同時に、今回『ワンダーマン』の情報もアップデートされる形となった。

デスティン・ダニエル・クレットン監督は他にも『シャン・チー』の続編にも取り組む予定だとされている。

『ワンダーマン』の主演には、『アクアマン』シリーズでヴィランのブラックマンタを演じたヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世で、この他にも『アイアンマン3』や『シャン・チー/テン・リングスの伝説』でトレヴァー・スラッタリーを演じたベン・キングスレーも出演すると報告されている。

今後『ワンダーマン』に関する情報が入り次第お知らせをしていく。

  • 【広告】

  • 【広告】