S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー

価格11,000円(税込)
発売月2019年11月22日
メーカーバンダイ・スピリッツ
販売方法店舗限定(魂ウェブ商店)
作品『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019)のパッケージ

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー パッケージ

ということでまずはパッケージから。といっても中古で買ったので、箱がひどく日焼けしています・・・。

  • S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー パッケージ
  • S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー パッケージ
S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー パッケージ

裏面はハッキリと色が付いています。よかった。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー パッケージ

ブリスター状態。飛行系怪獣が2体セットなので、面積が大きい。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019)の本体

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

ということでまずはS.H.モンスターアーツのモスラ(2019)から見ていきましょう。本体をサクッと。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体 S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体 S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に登場した、いわゆるハリウッド版モスラですね。日本版とは大きく異なり、かなりリアルな虫に近い見た目をしながら、それでも現実味のないような怪獣感のあるフォルムをしています。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

ボディは非常に小さいですね。劇中はもっとももふもふしていた印象ですが、モンアツはだいぶ小さいこともあってあまりそんな感じはしないですね。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

ヘッドパーツも小さめ。触覚は造形されており塗り分けされていますね。独立はしていません。複眼はブルーのメタリック塗装がされています。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

カマキリのような前足も再現。ボールジョイント接続されているので、可動させることも可能。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

後ろ足もだいぶ細め。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

上から見てみる。だいぶ虫感ありますね。ただくびれもあるので女性的な雰囲気もあります。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

羽はモスラらしい柄を再現しながら、モンスターバースのデザインを再現しています。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

塗り分けや模様再現も良好です。ちなみに根本でボールジョイント接続されているので、可動も可能。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体

こちらは魂ステージに取付可能なモスラのジョイントパーツです。

S.H.モンスターアーツ モスラ(2019) レビュー 本体 比較

S.H.モンスターアーツのモスラ Special Color Ver.と比較するとこのサイズ感。特に本体の大きさがだいぶ異なりますね。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019)の本体

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

次はS.H.モンスターアーツのラドン(2019)を見ていきましょう。サクッと本体を。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体 S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

見ての通り翼竜なラドンを立体化しています。劇中では暗いシーンも多かったですが、ラドン本体も色味が暗めなカラーリングとなっています。巨大な翼はイメージ通りに立体化。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体 S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体 S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

鋭いくちばしと角を持つラドンの頭部も再現。日本版のラドンと割と似ており、アレンジはモスラと比べると少ない印象ですね。目は小さいながらも塗装がされています。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

ちなみにくちばしは開閉可能で、舌も再現されています。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

墓でぅはゴツゴツしたボディを再現しており、鎧を着たようなラドンの身体を造形しています。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

足も可動軸があり、爪はだいぶ尖っているので扱い注意。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

上から見ても鎧のようなボディなのが特徴的。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

尻尾も特徴的な形状をしていますね。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

大kな翼はマグマが固まったような表皮を再現しています。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

爪も再現されており、こちらも尖っています。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

表面の造形はさすがモンアツですね。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

見えづらいですが魂ステージも付属。

S.H.モンスターアーツ ラドン(2019) レビュー 本体

こちらはラドンを飛行状態で飾るための台座パーツです。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019)のアクション!

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

ということで、S.H.モンスターアーツのモスラ&ラドン(2019)のアクションです。まずはモスラから。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

日本でも人気な東宝怪獣のモスラもハリウッドデビューです。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

日本版の変わりらしい感じからは一転して、だいぶ雰囲気が異なるのがモンスターバース版のモスラです。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

羽を大きく羽ばたかせて飛行するシーンは印象的。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

『キング・オブ・モンスターズ』以来登場していなかったですが、『ゴジラxコング:新たなる帝国』でまさかの復活を果たしました。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

細い腕は結構外れます。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

鎌のような腕を振るうポーズも。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

本体の可動は最小限ですね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

本当に小さいので、パーツとか折りそう。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション ゴジラ

S.H.モンスターアーツのゴジラ(2019)と並べる。同じ作品内に登場したゴジラとモスラですね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション ゴジラ

劇中ではモスラの力を受けてバーニングゴジラになっていましたね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

お次はモンアツのラドン。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

火山から突如として現れた巨大な翼竜です。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

ゴジラ、モスラ、キングギドラとついでラドンもハリウッドデビューですね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

翼は羽ばたかせることも可能。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

結構でかいんですよね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

本体にも可動はありますが、基本的には飛んでいるだけではあるので、そこまでアクションの印象はないかも。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

『キング・オブ・モンスターズ』ではモスラにやられながらも、しれっと生き残っていました。以降の登場はいまのところ無し。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

日本版のラドンもそこまで良い怪獣のイメージはないですね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

悪そうな顔していますし。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

モスラとラドンで並べる。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

劇中では直接対決していた二匹の怪獣。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

ラドン優勢な感じでしたが、モスラの捨て身な攻撃でモスラに軍配があがりました。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

体格差はかなりのものですし、属性的にも相性の悪いモスラですが、やっぱり応援したくなりますよね。

S.H.モンスターアーツ モスラ&ラドン(2019) レビュー アクション

最後はラドンのあの有名なゴマすりクソバードで終わり。

以上、S.H.モンスターアーツのモスラ(2019)&ラドン(2019)のレビューでした。

今更ながら購入した2つのモンアツですが、全体的にはやはり安定したクオリティでしたね。ギミック的にはどうしても怪獣の特性上あまり楽しめるポイントは少ないですが、大きな羽と翼を持つモスラとラドンなので、存在感は抜群。また初のハリウッド版ということもあり、記念的な意味でも買っておいて損はないですね(キングギドラは持ってないけど)。ゴジラと絡ませても楽しいですし、海の向こうで活躍する東宝怪獣たちの怪獣プロレスを楽しめるのは良いことですね。

ゆとぴ

サマリーポケット使ってみた! ー 最安月額275円でフィギュアを収納!

サマリーポケット使ってみた! ー 最安月額275円でフィギュアを収納!
  • 【広告】

  • 【広告】