『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』、上映時間が90分に ー 前作よりも20分短くなる

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズの新作として公開予定の映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』上映時間がなんと90分になることが明らかになった。

VENOM: LET THERE BE CARNAGE’s Runtime Has Been Revealed, & It’s One Of The Shortest CBMs Of All Time

これはチケットが発売開始されたことで海外の映画情報から明らかになった。
90分というのは2018年公開の『ヴェノム』よりも約20分も短い時間となっており、全体的にもあっさりした作品になることがうかがえる。

今作はヴェノムの宿敵でもあるカーネイジがついに実写映画で登場することでも話題になっており、前作以上のシンビオート同士の対決が見れることでもファンに期待されている。

またさ最近ではマーベル・スタジオのMCUシリーズである『スパイダーマン』とのクロスオーバーにも注目が集まっているため、今作でどのようなサプライズが用意されているのかなど、気になるポイントは非常に多い映画だ。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の大ヒットもあり、つい先日には2週間も公開日が前倒しされた今作は、果たして90分で収まる内容になっているのだろうか?映画の公開まで楽しみにしておこう。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は2021年10月1日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    短いな…少し物足りないかも

コメントをする