『ヴェノム』続編、なぜ”90分”に短くまとめられたのか? ー 監督が経緯を明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズの新しいマーベル映画として公開を控えている『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
今作は何と90分という短い上映時間となっており、前作よりも約20分も短い構成に収められている。

なぜ短い上映時間になったかについて、アンディ・サーキス監督が経緯を明かしてくれた。

Venom: Let There Be Carnage Director Andy Serkis Confirms 90-Minute Runtime

実際には常によりスリムになるでしょう。私たちは映画をスリル満点の乗り物にしたかった。そして早くて力強く、、、説明であまりぶらつかせたくなかったのです。

今作ではカーネイジと呼ばれる新たなシンビオートのヴィランが登場しており、そのカーネイジを暴れるさせるためにあまり前置きを長くしたくはなかったとアンディ・サーキス監督は話している。

逆に言えば今作の大半が本筋のストーリーやアクションに焦点を当てられていることがわかる。

またサーキス監督はヴェノムとエディ・ブロックの関係についてはしっかり描きたかったことも話している。

『この映画の中心にあるのはエディとヴェノムの素晴らしい関係性です。私たちはそれを急いで描きたくはありませんでした。

監督は以前にこの2人の関係が「ラブストーリー」のようなものだとも話しており、互いが互いに必要とし合っている関係になっているとも話した。

エディとヴェノムの奇妙な関係性をより深く掘り下げながらも、最凶と呼ばれるヴィランのカーネイジとの対決も描く今作は、1作目を超える”最悪”を観ることができるのだろうか?期待して公開を待つとしましょう。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は米国より2か月遅い2021年12月3日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする