MCU版『スパイダーマン』新たに3作品の製作へ ー プロデューサーが認める

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズ最大に注目作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、現状では『ホームカミング』から続くトム・ホランドのスパイダーマンの完結編になると言われている。

一方で先日には新たな三部作製作が進行中との情報もあり、ファンをドギマギとさせている現状だが、ついにプロデューサーがこの件について口を開いた。

「MCUの最後の映画ではない」

MCUシリーズのスパイダーマンをはじめ、数多くのスパイダーマンシリーズを手掛けたエイミー・パスカル氏は海外メディアのインタビューに対して、『ノー・ウェイ・ホーム』以降にもトム・ホランドのスパイダーマンが続いていくことを明らかにした。

‘SPIDER-MAN: NO WAY HOME’ PRODUCER AMY PASCAL REVEALS MORE ABOUT THE HISTORIC FILM AND CONFIRMS TOM HOLLAND’S FUTURE AS SPIDER-MAN

『これ(「ノー・ウェイ・ホーム」)がマーベルと一緒に作る最後の映画ではありません。私たちはトム・ホランドとマーベルと一緒に次のスパイダーマン映画を作る準備を進めています。3作品にするつもりで、この映画が最後のMCU作品ではありません。』

これはスパイダーマンファンにとっては朗報中の朗報だろう。プロデューサーが言うのだから間違いない。

トム・ホランドは『ノー・ウェイ・ホーム』を最後に契約が終了するとも言われていたが、今回のパスカル氏のコメントで契約が更新されるものと考えられる。

現状ではコメントの通り準備を進めており、次の新たな3作品がどのような物語になっていくのかは注目だ。
MCUシリーズ内での活躍についてもだが、ソニー・ピクチャーズが展開する『ヴェノム』『モービウス』『クレイヴン・ザ・ハンター』などとのクロスオーバーも気になるところ。果たして彼らとスパイダーマンが出会うことはあるのだろうか?

この先数年間はまたスパイダーマンを楽しむことができることがわかり、2022年1月7日日本公開の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がより楽しみになった。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    アイアンマンとキャップいないからスパイディの酷使がヤバイなw

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。