『ベター・コール・ソウル』脚本家、謎のマーベル作品の脚本家に就任 ー 新作か『ロキ』シーズン2?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

海外ドラマの『ベター・コール・ソウル』で脚本を務めたマリオン・デイア氏は自身のインスタグラムのプロフィールや、彼女の経歴の中に無題のマーベルTV作品の名前を掲載しており、にわかに話題を呼んでいる。

Industry Professionals Added to BECA Fall Schedule! Take Courses with People Working in the Fields You Want to Work in!

具体的な作品名が挙げられていないが、「Marvel television」ということからドラマシリーズであると考えられる。

一方ですでに発表されているMCUドラマのほとんどは脚本家が判明しており、すでに製作が進行中のものも複数存在する。そのためマリオン・デイア氏がキャスティングされた作品が何を示しているのか謎を呼んでいるのだ。

可能性として挙げられているのが『ロキ』シーズン2
シーズン1の最終話とともに発表されたシーズン2ではあるが、前作で監督と脚本を務めたケイト・ヘロン氏は続投しないことを発表しているため、次なる脚本家としてマリオン・デイア氏が採用されたと考えられている。

または未発表のMCU新作ドラマの可能性も十分にあり得るだろう。マーベル・スタジオは今後アニメ作品にも力を入れていくことが言及されているため、『WHAT IF…?』以外のアニメ作品も候補に入れることができるだろう。

いずれにしても水面下で作品製作を進めているのがマーベル・スタジオだ。今後マリオン・デイア氏が執筆することになる作品の情報がわかり次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする