『WHAT IF…?』以外にもMCUアニメが製作予定? ー アニメ専門のミニスタジオが設立へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオは現在映画やドラマを含めた映像作品の製作を実質的に一手に担っており、そこにはアニメ作品ももちろん含まれている。直近ではMCUシリーズとして初のアニメ作品となる『WHAT IF…?』がDisney+ (ディズニープラス)での配信を控えており注目が集まっている。

一方でマーベル・スタジオの映画製作担当のエグゼクティブVPであるビクトリア・アロンソ氏は海外メディアのインタビューのなかで、さらなるアニメ作品の計画を示唆してくれた。

Marvel’s Victoria Alonso Teases ‘Mini Studio’ for Animation and Discusses Representation in Superhero Stories at NALIP Summit

アニメーション部門とミニスタジオを用意する予定ですが、そこからさらに多くのものが生まれます。私たちは私たちにとってのアニメーションにとても興奮しています』

以前にはこれに関するものとしてマーベルのアニメ専門スタジオのものと思わえる求人情報がオンラインで公開されており話題になっていた。
また『WHAT IF…?』に参加しているクリエイターもこのほかに複数の作品への参加を示唆しているなど、すでに新作アニメの計画が進んでいるとみられる。

公式にはアニメ専門のスタジオの設立が明らかにされたため、MCUシリーズに関連したもの以外にもおなじみのマーベルアニメ作品の製作が積極的に行われていくとみられる。果たしてどのようなキャラクターたちが活躍するアニメが作られるのだろうか?

余談だが日本でもかつては『ディスク・ウォーズ アベンジャーズ』『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』などが日本製アニメとして放送されていたことがある。このほかにもウルヴァリンやアイアンマンを主人公としたアニメなどもあったが、アニメ大国でもある日本との関りにも注目をしていきたいところだ。

直近での新作マーベルアニメ『WHAT IF…?』はDisney+ (ディズニープラス)にて2021年8月11日より配信開始予定だ。

関連記事を読む

コメントをする