『ロキ』トム・ヒドルストン&ソフィア・ディ・マルティーノが大阪コミコン2024ステージに登壇!

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

インテックス大阪で、2024年5月3日(金・祝)~5日(日・祝)まで開催されているポップカルチャーの祭典「大阪コミコン2024」1日目、マーベル好きが集結する大ステージを開催!東京・大阪コミコンでも毎回アーティストアレイに出展しているマーベル・コミックス編集長C.B.セブルスキー氏と、現在 MARVEL(マーベル)と夢のプロジェクトが進行中のダンスボーカルグループ MAZZEL(マーゼル)、がマーベル作品への熱い想いを語ったあと、再現度抜群のマーベル・コスプレイヤーたちがステージを埋め尽くすマーベル・コスプレ・ギャザリングを開催。さらにステージの最後にはトム・ヒドルストン氏、ソフィア・ディ・マルティーノ氏が客席からの大声援に包まれながら登壇し、“ロキ”と“シルヴ ィ”の様々なエピソードを披露してくれた!

まず現在 MARVEL との様々な商品化プロジェクトが進行中のダンス&ボーカルグループ MAZZEL メンバー8人が登壇し、商品化のアートやプロモ動画、商品ラインナップを紹介。

続いてマーベル・コミックス編集長のC.B.セブルスキー氏が登壇し、

”みなさんこんにちは。ようこそいらしゃいました。みんな、カッコいいでしょう?さっきの MARVEL | MAZZEL の商品。日本のファンは世界中の中でも一番好きなので、ここに来れて本当に嬉しいです”

と挨拶をした。
その後、コミックを中核として大事にしつつもアニメーションやゲームで変化を加え、良いアイディアをまたコミ ックに還元する、というMARVELが常に良い循環を作っている貴重なトークを披露。

また自身も頻繁に参加し、愛してやまない「アーティストアレイ」についても「是非ファンの方と直接交流したいので、ポストカードも無料で差し上げていますしサインもしますので、ぜひ立ち寄って下さいね」と語ってくれた。

そして「マーベル・アッセンブル!」の掛け声とともにコスプレイヤーの皆さんが一気に登壇し、約60名のマーベル・コスプレイヤーたちがステージを埋め尽くすと C.B.セブルスキー氏も大喜びの様子で、

”日本のコスプレイヤーの皆さんはメカニック的な部分だけでなく、細かいパターンや柄まで再現されていて、まさに”マーベル”を着ていて下さっている。本当にありがたいです”

と日本のコスプレイヤーを大絶賛した。

そこにトム・ヒドルストン氏とソフィ ア・ディ・マルティーノ氏も登壇し、コスプレイヤーたちのクオリティに衝撃を受けるなど、マーベル愛の溢れるステ ージとなった。

ここからはトム・ヒドルストン氏とソフィア・ディ・マルティーノ氏2人が、ファンから寄せられた質問に答えるトークステージに。

まず14年前に最初にロキを演じた当時の自分に贈るメッセージを聞かれたトム氏は、

”自分を信じろ、直感を信じろ。その直観が長い道のりの中で自分を安全に守ってくれるから。そしてロキが人生を変えるから、その心づもりをしておけ、と言いたいです”

とファンも納得のコメント。

人生が変わったと感じることを聞かれたソフィア氏は、

”このコミコンに来られたこと。そして世界中のファンの皆さんに会えるようになったこと。でもその他の部分では出 来るだけ人生を変えないように謙虚でいたいと思っています”

と初心を忘れない実直なコメントを述べた。

またソーとロキが再会して欲しいというファンの声にトム氏は、

”私が知る限り、ロキは時の終わりの王座について、友人たちを守っている役割を担っています。どこかのタイムラインで兄を置いてきたはず”

と語るにとどめました。ソフィア氏は「またシルヴィ役を演じたい」と発言しつつ、今後待機中の映画作品や、日本人ハーフの夫が脚本を担当したドラマ作品の新シーズンがあることを明かした。

そして昨年の「東京コミコン2023」でもトム氏にお願いして大好評だった、頭に両人差し指を立てる”ロキのポー ズ”を2人でやってもらうようMCからお願いしたところ、2人とも満面の笑顔で”ロキポーズ”をとり、さらにファンとも 一緒に“ロキポーズ”!

最後のメッセージとしてソフィア氏は、

”日本を本当に愛してます。皆さんのやさしさにスーパー 感謝です!明日会える方々も楽しみにしていますし、この週末を皆さんと一緒に過ごせてとても嬉しいです!”

とファンへの感謝の気持ちを伝えるとトム氏も、

”サンキュー、サンキュー、サンキュー!皆さんの愛、パッション、親切、エネルギー、インスピレーションに感謝。お招き頂きありがとうございます”

と謝意を伝えると、客席からも声を揃えて 「サンキュー、サンキュー、サンキュー!」と唱和して感謝のお返しをしました。

舞台のカーテンコールのように2人は手をつないで深々とお辞儀を繰り返し、感動のトークステージは終了した。

「大阪コミコン2024」はインテックス大阪で2024年5月3日(金・祝)~5日(日・祝)まで開催中!

出典:Ⓒ2024 Osaka comic con All rights reserved.

  • 【広告】

  • 【広告】