『BTTF』トーマス・F・ウィルソン&クリストファー・ロイドがステージに登壇! ー マイケル・J・フォックス再共演にも言及

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

インテックス大阪で2024年5月3日(金・祝)から5日(日・祝)まで開催している大阪コミコン2024のステージに、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』エメット・ブラウン博士/ドク役クリストファー・ロイドと、日本のコミコン初参戦のビフ・タネン役トーマス・F・ウィルソンが登壇した!

二人はステージに上るやいないや、仲睦まじいやりとりを披露。多くのファンを喜ばせた。また最近俳優復帰に意欲を示した、マーティ・マクフライ役のマイケル・J・フォックスとの再共演の可能性についても明かした。

トーマス・F・ウィルソン氏は『BTTF』への出演時を振り返り、初めての映画出演で緊張していたことを明かした。

”この映画は始めての映画出演で、ドラマの『ナイトライダー』には出演したことはありましたが、初めてだったので、良い仕事をしようと思っていたんだ。でもガチガチに緊張していました。いまでは友人だけど有名な俳優と共演もするので、なんとか良い仕事をしたいと思っていました。多くの人を動かしたパワフルな映画に出演できたことはアメイジングなことだったよ”

クリストファー・ロイド氏は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が愛される理由については皆に通じるストーリーがあることだと話した。

”時空を越えて旅をすることは誰しもが魅了されることですね。50年先に移動できたら、そこに何がってなにができるかなど、想像の翼を広げることができる。みんなが興味のあるテーマだったからですね。
またトーマスが言うようにこの映画が本当にアメイジングなのは、ワクワクするマシンに乗って冒険するアドベンチャーなのと、シンプルなストーリーが響いたからです。友達と時空を越える旅に出て、父と母に会い、そこで二人を理解することができることなど、家族や友達という近いテーマのストーリーなので、人々に愛される映画になったと思っています”


さらにステージでは今回大阪コミコン2024に来ることができなかったリー・トンプソンからのスペシャルメッセージがカナダから送られた。

▲「それだけじゃ足りないな!」とジョークを飛ばすトーマス。

またファンからのリクエストで、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』でのカウボーイになったビフのシーンを再現するなど、会場の映画ファンたちをわかせてくれた。

▲「What’s your name dude!!」とセリフを披露するトーマス。

そしてクリストファー氏はマイケル・J・フォックスとの再共演への可能性についても明かした。

”ぜひマイケルと共演ができたら嬉しいし、それが『バック・トゥ・ザ・フューチャー4』ならなおさら嬉しいし、ほかの映画や舞台でも共演できたら嬉しい”

トーマス氏はジョークを交えながら、

”やだね(笑)!
もちろんです!彼は俳優としても人としても非常に素晴らしく、一緒にストーリーを作るのは楽しいし、演技をするときはすごい集中力を発揮するので、そういう彼と機会があれば、お金が出れば(笑)ぜひ共演したいよ”

とマイケルの人柄や俳優としての姿勢などに触れながら、再共演を希望していることを明かした。

そしてステージの最後には大の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ファンである芸人のゆりやんレトリィバァが登壇。二人に花束を渡すと、会場の雰囲気に負けずにおなじみのネタを披露。トーマス氏にも参加してもらうなど、大いに会場をざわつかせた。

大阪コミコン2024では、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するタイムマシンのデロリアンも展示されており、今回から乗車体験もすることができる。まさに映画のファンにはたまらない内容となっているぞ。

このほかにも映画グッズが豊富に販売されており、ここだけでしか味わえないイベントとなった。

『大阪コミコン2024』は2024年5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)までインテックス大阪で開催中

サマリーポケット使ってみた! ー 最安月額275円でフィギュアを収納!

サマリーポケット使ってみた! ー 最安月額275円でフィギュアを収納!
  • 【広告】

  • 【広告】