『エコー』デアデビル&キングピン登場の証拠が? ー 『ブラックパンサー』のあのキャラのリターンも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベルの新作ドラマとして製作が予定されている『エコー』
今作は『ホークアイ』のスピンオフでありながら、Netflixドラマとして製作され、最近『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で復活を果たしたチャーリー・コックス演じるデアデビルや、エコーの育ての親でもあるキングピンも登場すると言われている。

そんな二人の登場が、今作にコスチューム・デザイナーとして参加しているステイシー・カバレロ氏のレジュメから裏付けられていることが海外メディアの間で伝えられている。

彼女のレジュメには『エコー』に参加していることが書かれており、カバレロ氏が担当する俳優としてエコー役のアラクア・コックスに加えて、チャーリー・コックスとキングピン役のヴィンセント・ドノフリオの名前も並んでいた。

これは今作にてデアデビルとキングピンが戻ることを示唆しており、かねてからウワサされていたことが事実である可能性をさらに強めていることがわかる。

『エコー』は以前から実質的な『デアデビル』シーズン4になると言われており注目度も高い作品となっていた。Netflixのマーベルキャラクターたちが本格参戦するということでファンの間でも期待されている。

米国などの一部の国では既にNetflixでの配信を終了した『デアデビル』などのマーベルドラマがDisney+ (ディズニープラス)に移管されており、今回のニュースを裏付ける動きとして注目もされていた。

またカバレロ氏のレジュメの中には『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』にも参加していることがわかり、そこには前作でティ・チャラの友人でボーダー族の戦士として登場したウカビ役のダニエル・カルーヤが再出演していることもわかる。

このようにかつての作品で活躍したヒーローやヴィランが、新たな作品で再登場することは長年追い続けてきたファンとしても嬉しい試みだ。今後の情報にもぜひとも期待したい。

『エコー』はDisney+ (ディズニープラス)配信予定、『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』は2022年11月11日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。