『ブラックパンサー2』のメインヴィランは「ネイモア」が登場? - 目的はワカンダの王座か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズは2020年から2021年までのフェイズ4作品の一覧をサンディエゴコミコン2019の会場で発表しました。しかしその中には2018年の大ヒット作『ブラックパンサー』の続編はありませんでした。

しかし興行収入などから続編の製作は濃厚で、先日にはオコエ役のダナイ・グリラがライアン・クーグラー監督が何かしらの新作映画のために動き始めていることを明かしていました。

そして今回はぞの続編『ブラックパンサー2』に登場するメインヴィランの情報が入ってきました!

海の王者ネイモアがヴィランに?

海外メディアのWE GOT THIS COVEREDによると、製作が噂される『ブラックパンサー2』メインヴィランとして、コミックではヒーローでもあるネイモアが登場することを伝えています。

Marvel Has Finally Decided On Black Panther 2’s Villain

情報源には『シャン・チー』へ本物のマンダリンの登場や、『ブラックウィドウ』のヴィランとしてタスクマスターが登場することを公式発表前に伝えたところと同じということで、強い自信を持ってニュースを伝えています。

ネイモアの目的としてはワカンダの王座であり、支配者になることだとも伝えています。

コミックでのネイモアは海の王国アトランティスの王として君臨し、長い歴史を持つキャラクターとしても有名です。非常に短気で怒りっぽい性格ではありますが、反面義理人情には厚いといった、少々扱いづらいキャラクターでもあります。

ヒーローチームに所属し、キャプテンアメリカと共闘した経験もありますが、時にはヴィランとしてアベンジャーズと戦闘を起こしたこともあります。

味方にも敵にもなるネイモアが、MCUではヴィランとして登場するのは少し意外かもしれませんね。
2019年に公開されたDC映画の『アクアマン』ともどことなく被る設定ではありますが、キャラの性格などは全く異なります。

そういった気性が荒い性格や独占欲の強さなどを利用して、『ブラックパンサー2』ではワカンダの王座を狙うヴィランとして登場するのかもしれません。

ちなみに有名イラストレーターのボス・ロジックは、今回のニュースを受けて以下のようなロゴを作成しています。


「TWO KINGS(2人の王)」と副題がついた『ブラックパンサー』続編の妄想ロゴ。果たして実現する日はやってくるのでしょうか?

今後『ブラックパンサー2』に関する情報が入り次第お知らせしていきます!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です