トニー・スターク、スパイダーマンを見つけた方法とアイアンスパイダーの製作理由が明らかに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ワカンダファイル』のネタバレが含まれています。ご注意ください。

米国で発売された、MCU世界における様々な現象の報告をまとめたSF本「ワカンダファイル」。
中にはミュータントに関する伏線のようなものも書かれており、すでに多くの話題を呼んでいる。

そんな本の中には、トニー・スタークがどのようにしてスパイダーマンことピーター・パーカーを見つけだし、そしてなぜアイアンスパイダースーツを作ることになったかの理由が挙げられている。

Youtubeで見つける

ワカンダファイルをまとめたシュリによると、アイアンマンことトニー・スタークはスパイダーマンとして活動していたピーター・パーカーをどのようにしてみつけたのかの、ログを見つけたことを報告している。

MCU’s Tony Stark Reveals How He Knew About Spider-Man

Youtubeで話題になっているクイーンズの子供は、ハーモニカを演奏する猫よりも少しばかり興味がある。これを調べてくれ。特殊効果ではないと思う。この子供は時速45マイル(約72km)で移動する車両を止めている。3000ポンド(約1トン)相当の車だろう。一体どうやって?』

トニー・スタークはYoutubeにて偶然撮影されたピーターの活躍の動画を見たことで彼の調査を始めたという。
これはピーターが初登場した『シビルウォー/キャプテンアメリカ』の中でも明らかになっており、ピーター本人の前でその動画を見せているシーンがあった。

『彼は何から蜘蛛の糸を作っているのだろうか?どこかの雑貨屋で購入している市販の製品だろうか?彼がゴミをかき集めてこの技術をすべて作成したのならば、私たちが北部に建設した遊び場で彼になにができるか考えてみよう。』

トニーはこのように続けている。ピーターの能力について非常に興味を示していることがわかる。

その後はその調査力でピーターの家まで入り込み、彼をアベンジャーズに勧誘していた。『シビルウォー』以降の活躍については皆さんももうご存知だろう。

ナノテク開発後にアイアンスパイダースーツを作成

次にワカンダファイルではトニーがなぜアイアンスパイダースーツを作ることになったかについても、トニーの私的なログから明らかにしている。

Spider-Man: Iron Man Reveals Why He Built Iron Spider Suit

トニーは『シビルウォー』でのベルリンの戦いで、ピーターの武器を大幅にアップグレードするのに値すると大きな感銘を受けていた。
ピーターのスパイダーセンスの存在には気づていたが、他にもいくつかの強化が必要だと感じていた。

さらに強化されたウェブシューターやそれをサポートするウェブソリューション技術、マスクの目の部分にはヘッドアップディスプレイを搭載し、フルライフサポートシステムが搭載された。

そしてアイアンマン マーク50から使用されているナノテクをアイアンスパイダーにも流用したということだ。

ある意味ではスタークのエゴ的なところも感じるが、その分ピーターへの期待感と親のような気持ちで彼をサポートしようとしていたことが如実に伝わってくる。

こういった経緯は劇中では描かれていないが、ワカンダファイルでは細かい裏話まで様々掲載されている。まだ翻訳本の情報はないが、日本でも発売されれば話題になることは間違いないだろう。

関連記事を読む

コメントをする