『ザ・バットマン』スピンオフドラマ、主人公2名のキャスティング中 - ジェームズ・ゴードンは主役ではない?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

HBO Maxのオリジナルドラマシリーズとして製作が予定されている『ザ・バットマン』のスピンオフドラマ。
映画の前日譚としてゴッサム市警に焦点を当てたドラマとしてっ展開されていく。

そんな今作の主人公に関する情報が出てきた。

女性主人公も登場

海外メディアのイルミナディによると、『ザ・バットマン』のスピンオフドラマ『Gotham PD(原題)』の主人公について、主人公を演じるキャスティングの募集がかかっていると伝えられている。

GOTHAM PD: 2 LEAD CHARACTERS JOINING HBO MAX’S THRILLING NEW CRIME DRAMA: EXCLUSIVE

女性主人公は黒人で、35~45最の女優を探しているという。彼女は元刑事で新しいゴッサムシティの地方検事になるとのこと。
もう一人は白人男性で年齢は30~40歳ほどの俳優を募集しているとのこと。ジェームズ・ゴードンのコミッショナーだと伝えられている。

ここで気になるのはジェームズ・ゴードンが主人公としては言及されていないところだろう。ゴードン刑事といえばバットマンと直接的に連携をとっているゴッサム市警の刑事で、バットマンを呼ぶためにバットシグナルを闇夜に照らすなどをしている重要キャラクターとなっている。
『ザ・バットマン』ではジェフリー・ライトが同役を演じている。

どうやらドラマではゴードン刑事はメインキャラクターにならない可能性があるようだ。一方で男性主人公がゴードン刑事と関係している役職のため、登場自体はするだろう。

ドラマにロバート・パティンソン演じるブルース・ウェイン/バットマンが登場してくるかは不明だ。

今作はバットマンがゴッサムシティに現れてから1年目の時系列に焦点を当てて、ゴッサム市警や街の腐敗をテーマに描いていく。

関連記事を読む

コメントをする