スパイダーマン新スピンオフ『シルク』が実写映画化決定か?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ソニー・ピクチャーズが進めている『スパイダーマン』を中心としてキャラクターたちのスピンオフ映画シリーズに、新たな実写映画計画が話題になっています!

‘Silk': Sony Developing Project About Marvel Comic Korean-American Heroine

マーベルレジェンド シルク レビュー

ピーター・パーカー/スパイダーマンと同じ蜘蛛にかまれ、超人パワーを得たヒロインヒーローの「シルク」の映画化が進行中だと伝えられています。
ソニー・ピクチャーズの代表のエイミー・パスカルが主導で進められているようです。
公式発表はありませんが、今のところ計画は初期段階のため、キャストや監督などのスタッフ陣に関する情報はありません。

シルクは2014年のコミック『アメイジングスパイダーマン』#1に登場したキャラクターで、正体は韓国系アメリカ人のシンディ・ムーンです。
長髪に赤いマスクを口元にしたスタイルで、スパイダーグウェンなどに次いで人気のある女性版スパイダーマンです。

実は2017年公開の『スパイダーマン:ホームカミング』にもシンディ・ムーンは登場。その際はティファニー・エスペンセンが演じ、ピーター・パーカーのクラスメイトで学力コンテストチーム「アカデミック・デカスロン」のチームメイトでもありました。
劇中で大きな役割は果たしていませんでしたが、以前には彼女がシルクとなり『アベンジャーズ/インフィニティウォー』に登場するのではないかともいわれていました。

その後、この情報は外れましたが、まさかのソニーからの実写映画化計画は現実味がありそうです。
現在ソニーはスパイダーマンのスピンオフ作品として12月に『ヴェノム』の公開を控えています。またシルバーセーブルとブラックキャットを主人公にした『シルバー&ブラック』も公開日が延期されながらも計画は進行中。

他にも行ける吸血鬼モービウスを主人公とした映画の製作も噂されていました。

現状MCUシリーズとの繋がりは無いとされているシリーズですが、スパイダーマンが登場しないスパイダーマンを世界をどのように描いていくのか注目されています。

『シルク』に関する新たな情報が入り次第お知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!