スカーレット・ヨハンソン、マーベルとの将来のプロジェクトに言及 ー 「家族と働くようなもの」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

『ブラック・ウィドウ』でマーベル映画として初めて主演を果たしたスカーレット・ヨハンソンは、今のところはマーベル・スタジオとの契約を終了し、ナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウからも卒業をしている。

一時はディズニー社と報酬を巡って争っていたが、現在は和解をし、関係は修復されているとされている。

そして先日にはマーベル・スタジオと新たな契約を結び、映画への出演ではなく別の形で作品に関わっていくと伝えられていた。

そんなスカーレット・ヨハンソンは海外メディアのコライダーのインタビューのなかで、将来のプロジェクトについて話してくれた。

『マーベルに関する限りは、それは家族と一緒に働くようなものです。マーベルには最高のコンテンツがいくつあり、本当に素敵な夢を観ることができるのて、ここから離れることはできません。まるでクリエイティブの巨大な遊び場のようです。』

マーベル・スタジオとともにプロジェクトに取り組むことに対して非常に前向きであることを話している。
具体的なプロジェクトの内容については言及していないが、マーベルが持つコンテンツを利用して何かしらの作品を制作サイドとして関わっていくとしている。

彼女が新たに参加するプロジェクトではナターシャ・ロマノフは関係ないとされており、どのキャラクターを扱うのかについて注目されている。またスカーレット・ヨハンソンはプロデューサーとして参加するとも言われているため、女優ではなく彼女のプロデュース力が発揮されていくこととなる。

ブラックウィドウというキャラクターについてはナターシャの妹エレーナが受け継ぐと予想されており、彼女はドラマ『ホークアイ』にも登場することがわかっている。ひょっとすると次にエレーナが活躍する作品でスカーレット・ヨハンソンが製作として関わってくるのかもしれない。

いまのところ詳細な情報は入ってきていないため、今後新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む