スカーレット・ヨハンソン、マーベル・スタジオと再タッグの情報 ー さらなるMCU映画出演は?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズで長年ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウを演じたスカーレット・ヨハンソン。彼女は単独映画の『ブラック・ウィドウ』を最後にマーベル・スタジオとの契約を終了し、シリーズを卒業していた。

新たな海外メディアからの情報によれば、スカーレット・ヨハンソンがマーベル・スタジオと再びタッグを組むとのニュースが飛び込んできた。

Scarlett Johansson Receives American Cinematheque Tribute; Kevin Feige Teases “Top Secret” Marvel Project With Actress, Unrelated To ‘Black Widow’

記事によればアメリカの映画に関する授賞式「アメリカン・シネマティック・アワード」にて、スカーレット・ヨハンソンの受賞を称賛するマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏のコメントを取り上げている。

そこで彼はスカーレット・ヨハンソンとの新たなMCUプロジェクトについて示唆するコメントをした。

『スタジオは、スカーレット・ヨハンソンとトップシークレットのマーベル・スタジオプロジェクトで再タッグを組みます。彼女のキャラクターであるナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)とは何も関係ない。

どの作品かについては”トップシークレット”とされており、殆ど詳細は明らかにされていない。

スカーレット・ヨハンソンは『ブラック・ウィドウ』のDisney+ (ディズニープラス)と劇場公開の同時公開を巡って出演料の減額が合ったとして、マーベル・スタジオの親会社であるウォルト・ディズニー社に訴訟を起こしていたのだが、この問題はつい先日に和解を果たしていた。

そこからほとんど期間を置かない形での再契約というニュースはファンにとっては非常に嬉しいものだろう。

彼女が演じるナターシャ・ロマノフはすでに『アベンジャーズ/エンドゲーム』の時点で故人となっており、『ブラック・ウィドウ』は過去の出来事を扱っていた。単独映画の続編の可能性も一時は合ったが、彼女の契約終了によってその話題も静まり返っていた。

一方でケヴィン・ファイギ氏は「ナターシャ・ロマノフとは関係がない」と発言しており、ひょっとすると女優としての出演ではなく、制作サイドでの参加7日もしれない。

いずれにしても様々な可能性が考えられるため、今後のスカーレット・ヨハンソンとマーベル・スタジオとの情報には注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする