『ロキ』最新予告編が公開 ー ミス・ミニッツが会話するブラックな雰囲気に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの次なる最新ドラマ『ロキ』から新たな予告編が解禁された。

この予告編は以前に米国のテレビでも放送されていたもののようで、それがオンラインで公開されたということになる。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』にて2012年の時代から四次元キューブを使って正史とは異なる行動をとったロキは、TVAと呼ばれる並行世界を監視する組織に連行され、囚人服のような服装に着替えさせられているのがわかる。

TVAの説明をアニメキャラクターのミス・ミニッツが解説しており、どうやらタイムラインを乱したものにジャッジが下されるようだ。
同じくTVAに連行されたみられる人物はエージェントのような人物に抹消されているため、ロキも冗談ではないと理解しているのがわかる。

ちなみに以前伝えられた情報ではロキが選択肢として、タイムラインを正常に戻すか、または現実から抹消されるかの二択を選ばされることになるようで、当然前者を選んだことで様々なタイムラインで修正任務を行っているロキの姿が予告で確認されている。

おそらくはいくつかの並行世界も映像で描かれることが予想されるため、どのようにもしもの世界が観られるのかは期待しておきたい。

MCUシリーズ『ロキ』はDisney+ (ディズニープラス)で6月9日より独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする