『ロキ』監督、最終話でのシルヴィの心境を解説 ー 『マイティ・ソー』でのロキに近い?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ロキ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

最終話を迎えてもなお話題が尽きることのないMCUドラマ『ロキ』。最終話には衝撃的な結末が展開されていったが、最後のでのシルヴィの心境について今作の監督が語ってくれた。

※この記事には『ロキ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

「復讐に駆り立てられている」

海外メディアのインタビューに答えた『ロキ』のケイト・ヘロン監督は、最終話にてついにキスを交わしたロキとシルヴィのシーンについて触れ、シルヴィの心情について解説をした。

‘Loki’ Director Kate Herron on When She Knew There’d Be a Season 2, and Telling a Complete Story in Season 1

『そのキスはシルヴィからの別れのようなものに感じています。そしてそれは苦痛でもあります。同時に(ロキをTVAに戻すために)パッドを持っていたので、真剣なものではありませんでした。「さようなら、私は使命を果たさなければならないの」といった感じで。また私はシルヴィが感情的に常にどこに位置しているのかも考えていました。それは「マイティ・ソー」でのロキのような場所でした。彼女は痛みと復讐に駆り立てられています。一方でロキはそこを超えて、非常に異なる道を進んでいます。』

ケイト・ヘロン監督はシルヴィについてこのように語ってくれた。
今作でのロキはいままでのロキとは異なり、ソーに対する嫉妬心や復讐心に燃える彼を観ることはほとんどなかった。むしろメビウスと協力してTVAを崩壊させて世界を救うヒーローとして活動してきたのだ。

一方でシルヴィは監督の言うように幼いころにTVAにさらわれて人生の大半を奪われた復讐を果たすためだけにロキと行動してきたのだ。ロキへの心の揺らぎはあったのだろうが、それは復讐心を超えることは無く、黒幕である男を殺害した。

その後のシルヴィがどうなってしまったのかはわからないが、おそらく簡単に救われることは無いだろう。シーズン2で彼女の行方が描かれていくのかについても注目すべきだろう。

『ロキ』は全話がDisney+ (ディズニープラス)で配信中、シーズン2に関しても新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする