カレン・ギラン、ネビュラ役続投に意欲 ー 「終わらせたくはありません」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの待望の新作として公開が待ち望まれている『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後のガーディアンズの活躍を描くとし、いままで別行動をしていたネビュラも正式にメンバーとして加わっているとみられている。

そんなネビュラを演じるカレン・ギランは今後も作品への続投をしていきたいと熱意をコメントした。

Karen Gillan on ‘Gunpowder Milkshake,’ ‘Guardians of the Galaxy 3’ and Nebula’s Future

私は自分のキャラクターが大好きです。ネビュラに夢中になっています。自分とは大きく違うキャラクターを演じることは刺激を受けることができます。(中略)なのでキャラクターの旅を続けていきたいです。ジェームズ・ガン(監督)とデイヴ・バウティスタ(ドラックス役)がいないと実際に作品がどうなるかはわかりませんが、彼女を演じるのが好きなので終わらせたくはありません。』

カレン・ギランはこのようにネビュラ役への愛を語ってくれた。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは今のところは3作目で完結する予定となっており、それはジェームズ・ガン監督もコメントをしていた。
またドラックス役のデイヴ・バウティスタも同役から卒業する準備はできるているとも話していた。

そのためいまのところは4作目の可能性は低いようにも見えるが、『ソー ラブ&サンダー』のような例もあるため、映画の成績次第では続いていく可能性も十分にはありえるだろう。

それ以外にも『アベンジャーズ』系のアッセンブル映画でのガーディアンズの登場は引き続き考えられるだろう。ネビュラに関しては『エンドゲーム』でもメインキャラクターのひとりとして活躍していたため、単独映画以外での出演も期待される。

このように将来は気になるところではあるが、まずは決まっている作品に注目しながら公開を待つことにしよう。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は2023年5月5日に全米公開予定だ。Disney+ (ディズニープラス)ではスピンオフ作品の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル』と『I AM GROOT』も配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする