ヘンリー・カヴィル、スーパーマン役復帰の可能性にコメント ー 「マントはクローゼットにある」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスのシェアード・ユニバース作品として始まったDCEUシリーズはこれまでに10作品が公開されており、紆余曲折ありながらも徐々にその世界観の構築がされてきている。

そんなシリーズの最初を牽引したのがヘンリー・カヴィル主演の『マン・オブ・スティール』だ。
スーパーマンの単独作品として根強いファンもいる作品で、直近ではMCUシリーズの『エターナルズ』のクロエ・ジャオ監督にも影響を与えた映画となっている。

ただいまのところこの映画の続編に関する話はなく、ヘンリー・カヴィルが演じるスーパーマンも『ジャスティス・リーグ』(または『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』)以来、活躍が観れる機会は失われている。

最近の海外メディアのインタビューで当のヘンリー・カヴィルは、スーパーマン続投の可能性について言及をした。

『スーパーマンとしてやるべきことはたくさんある』

海外メディアのインタビューのなかでヘンリー・カヴィルは、1作目の内容に触れながら、まだ描ききれていないことがたくさんあることを話した。

Why Henry Cavill Basically Already Is James Bond

『スーパーマンとしてやるべきストーリーテリングはまだたくさんあります。この役を演じるのが本当に大好きです。ゾッドを殺したことは、彼がが二度と他人を殺さない理由を与えた。スーパーマンが地面に倒れ、その後叫んだ。 ー それは元々台本にあったものではありませんが、彼の痛みを見せたかったのです。私は制作陣が選択しなかったはるかに感情的なシーンを撮影しました。涙が出ていた。彼は同じクリプトン人で、最後の生き残りの仲間を殺してしまった。それが彼がその瞬間に行った選択であり、彼は二度とそのようなことをすることはないだろう』

『マン・オブ・スティール』の終盤で、地球で暴走した同じクリプトン人であるゾッド将軍を殺害したことが、スーパーマン、というよりもクラーク・ケントに強いトラウマを与えてしまったと、ヘンリー・カヴィルは自身の考えを明かした。

おそらく続編があればクラークの心情について掘り下げる機会が用意されていたことであろうが、今のところはそのような計画の情報は入ってきていない。

ヘンリー・カヴィル自身はすぐにでも戻る準備は出来ているようだ。

『その後は成長の機会があります。スーパーマンは一見すると無敵の神のような存在だが、内部に人間のような感情を持っており、探求することができるマントはまだクローゼットの中にあります。

果たしてヘンリー・カヴィルがスーパーマンとして再びスクリーンに現れる日は来るのだろうか?今後の情報に注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする