ウルヴァリンのマスクデザインが確認される ー ほぼコミックと同じ

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

2024年公開のMCU映画としては唯一となる『デッドプール&ウルヴァリン』

ライアン・レイノルズ演じるデッドプールをはじめ、ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンも『ローガン』以来の再登場となるため、マーベルファンからも期待が集まっている作品だ。

またウルヴァリンはコミックでのイエロースーツを着ることも明らかになっており、ついにマスクをしたウルヴァリンの登場も注目されているのだ。

そんな中で『デッドプール&ウルヴァリン』のグッズから、マスクをしたウルヴァリンのプロモアートがXの投稿から明らかになっている。

まだ実写でのスチルフォトなどではないが、実写でのスーツをベースにしたプロモアートであるため、実際の映画でもこのマスク姿で登場することが予想される。

見ての通り黒くて大きな翼のような形状のマスクはまさにコミックでのウルヴァリンそのものだ。どういった経緯でこのコスチュームを着ることになるかは不明だが、デッドプールと合わせてマスクヒーロー同士の共闘も期待される。

『デッドプール&ウルヴァリン』は、『ロキ』で登場した虚無空間のヴォイドが主な舞台になると言われており、デッドプールも様々な変異体が参戦してくると言われている。
よりカオスな内容になることも予想され、今後のMCUの展開を占う意味でも、映画の公開には注目をしておこう。

『デッドプール&ウルヴァリン』は2024年7月26日に日本公開予定だ。

  • 【広告】

  • 【広告】