DCスタジオ代表、ジェイソン・モモアのリキャストのウワサにコメント ー キートンバットマンの未来にも言及

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ついに解禁された新たなDCコミックスのシェアード・ユニバースシリーズのDCU

映画とドラマなどを合わせて合計10作品が解禁され、おなじみのヒーローたちが新たな形で描きなおされることがアナウンスされたが、旧DCEUシリーズで活躍したヒーローたちがそのまま戻ってくるかについてはわかっていない。

その一人でもあるアクアマン役のジェイソン・モモアはかねてから、別のDCキャラであるロボ役へのリキャストがウワサされていたのだが、このことについてDCスタジオ代表のジェームズ・ガン監督は次のようにコメントをした。

”ジェイソンは、皆さんが思うような2人のキャラクターを演じることはありません。彼には本当に満足している。”

一部ではアクアマンとロボを同時並行で演じるのではないかとも推測されていたのだが、今回のコメントでそれは否定された。
同じく代表のピーター・サフラン氏二役の可能性を否定した。また『アクアマン3』の可能性についてはまだ未定であるともコメントしている。

このように似ている状況として、マイケル・キートン演じるバットマンの将来についてもサフラン氏は「可能性は常にある」コメントを寄せている。

キートンのバットマンは『フラッシュ』にて奇跡の復活を果たす予定ではあるが、『バットガール』がキャンセルされてしまったことで、彼もまた将来の活躍がどうなってしまうのか不透明な状況だった。

まだまだ気になることは多く残されているDCUシリーズ。まだ始まりのチャプター1の詳細が発表されたばかりだ。
旧DCEUの世界のリセットがどのように描かれるかも含めて、今後の展開に注目をしてこう。

  • 【広告】

  • 【広告】