『ブラックパンサー』主演俳優、マーベル作品に参戦した理由を明かす。

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

3月に日本でも公開予定のマーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』。
主人公のブラックパンサー/ティ・チャラを演じるのは、黒人俳優のチャドウィック・ボーズマン

そんな彼が今回、マーベル作品に参戦した理由を明かしました。

『マーベルだから参加したかったわけではない。』

チャドウィック・ボーズマンは海外メディアのジャーナリストのインタビューに答えました。

'Black Panther': Chadwick Boseman on Why He Joined the Marvel Family

『ひとつに、彼ら(マーベル・スタジオ)が多くの映画を成功させてきたことと、その映画は多くの人たちに愛されていたからだ。ティ・チャラは面白いキャラクターだ。とても興味深いキャラクターなんだ。』

『42 〜世界を変えた男〜』で野球選手ジャッキー・ロビンソンや、『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)』で歌手ジェームス・ブラウンなどアメリカで活躍した黒人の偉人たちを演じきた俳優はそう話しました。

『もし、それほど魅力的では無かったら僕は仕事を引き受けなかっただろうね。マーベルだからやろうと決めたわけじゃないんだ。彼ら(マーベル・スタジオ)はいつも面白く良い人材を連れてきて、限界に挑戦しようとしている。』

ボーズマン自身はマーベルという既に実績のあるスタジオだから引き受けただけではなく、ティ・チャラというキャラクター自体に魅力を感じたため今回の役を引き受けたそうです。もしキャラクターに魅かれなかったらたとえマーベルの作品でも出演しなかったと振り返ります。

『今回の映画は今までに見たことのない作品になるよ。とってもクールだ。』

ブラックパンサーは2016年の『シビルウォー/キャプテンアメリカ』にて初登場し、その鮮烈な登場シーンとスタイリッシュなアクションシーンに、僕も含めて多くのファンが魅了されました。
今作は既に昨年公開した『ソー ラグナロク(邦題:マイティ・ソー バトルロイヤル)』を超えるヒットをたたき出すのではないかと言わています。

マーベルの『007』とも言われる今作がどのようにファンに受け入れられていくのか非常に楽しみです。

『ブラックパンサー』は2018年3月1日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!