ヒーローには犠牲が必要なのかを『インフィニティウォー』監督が語る。

ヒーローには犠牲が必要なのかを『インフィニティウォー』監督が語る。

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

出典:(C)MARVEL

おそらく2018年の一番の話題作となるであろう『アベンジャーズ インフィニティウォー』

そんな今作の監督であるジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ監督が、ヒーローにはなぜ犠牲が必要なのかを語りました。

最高のストーリーには常に"危機"が必要です。キャラクターは苦難に直面しなければならない。真の感情に触れるためには、ヒーローたちの人生にとって犠牲を払わなければなりません。』

今までのMUCストーリーを振り返るとヒーローたちはほんとうに多くの苦難に直面している。
時には大切なものを失うキャラクターもいました。

しかしそのおかげでキャラクターに深みが出て、そんな深みのあるヒーローたちが集まる『インフィニティウォー』はより一層、濃い作品となるのは間違いないでしょう。

そしてそんな偉大なストーリーには大きな苦難も待ち受けている。

『大きな犠牲は、偉大なストーリーだけでなく、観客に刺激を与える。今の世界はもっと多くの刺激を必要としているからね。
みなさんがどう思うかはわからないが、僕たちは出来る限り最高の作品お届けします。それを見て皆さんがどう感じるかは、皆さま次第です。』

サノスはMUCシリーズの中でも最も凶悪で最悪なヴィランとなり、ヒーローたちにとっても大きな苦難になるでしょう。

その中での犠牲も大いに考えられる。
『インフィニティウォー』、そして2019年公開の『アベンジャーズ4(仮)』では主要なキャラクターの退場も示唆されており、どのような形かは不明ですが、それが今作においての"犠牲"となる可能性もある。

しかし、僕を含めたマーベルファンはその犠牲に覚悟しながらも、この最高のエンターテイメントを楽しんでいきましょう。

『アベンジャーズ インフィニティウォー』 2018年4月27日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!