『エンドゲーム』、最期にトニーはペッパーに何を言おうとしたのか - 公開された脚本で判明

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2019年にMCUの集大成として公開され、いまだに話題を呼んでいる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』
様々なエモーショナルなシーンが詰め込まれた映画でしたが、現在はアカデミー賞受賞に向けたキャンペーンの一環で、脚本の全文がオンラインにて公開されています。

そしてその脚本は、トニー・スタークの最期で何を言おうとしたのかを明らかにしています。

『ヘイ、ペップ・・・』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストでインフィニティストーンを使うことによって、サノス軍を消滅させたトニー・スターク。戦いを終結させ、今にも命が尽きようとしているトニーの元にはローディやピーター・パーカー、そして妻であるペッパー・ポッツが駆けつけ、彼の最期を見届けました。

非常に感動的なこのシーンの脚本には、トニーがペッパーに言おうとした言葉が明らかにされています。

それが『I’m sorry(すまなかった)』の一言。

実際の映画ではトニーは「ヘイ、ポッツ」とほとんど声が出ていない状態で口にしていました。脚本ではその後にペッパーに謝ろうとしてしていたのです。

おそらくペッパーや娘のモーガンのことを心配しての言葉だったと考えられます。英雄として大いなる自己犠牲を払ったトニーの最期の優しさだったのかもしれません。

『エンドゲーム』でのカットシーンでは、息絶えたトニーが大人になったモーガンと出会うシーンが存在していました。結果的にクリエイティブ的な理由からシーンは削除されていますが、作品をさらに深く知りたいのならば、一見の価値はありです。

オンラインで公開された脚本にはそのほかにもスティーブ・ロジャースの年齢や、ペギーとダンスを踊った時代も明らかにされています。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です