『アベンジャーズAoU』ポストクレジットシーン、サノスのガントレットは本物? - 真相を脚本家が語る

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

10年以上も続いてきたMCUのインフィニティサーガの中で、とりわけ『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で数秒の出演シーンながらも存在感を発揮てきたのがサノス

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続く大いなる戦いを示唆するシーンとなっており、特に『AoU』ではインフィニティガントレットを付けるサノスが登場していた。

一方でこの時点ではインフィニティガントレットは製作されておらず、長らくサノスが付けていたガントレットの謎が残っていた。

しかし新しく入った情報にようと、この謎が解ける回答が示された。

『AoU』時点ではレプリカ!

まずは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のポストクレジットシーンの解説をしておこう。

映画のラスト、突如現れたサノスはインフィニティガントレットを腕にはめ、不敵な笑みを浮かべながら「この手で片づけてやろう」とカメラ目線でシーンは終わっている。
まさに今後の映画での大規模な戦いを予感させるポストクレジットシーンとなっている。

しかしこの時点ではまだインフィニティガントレットは存在しておらず、時系列として『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の直前で、ニダベリアのエイトリが製作しているのだ。

このインフィニティガントレットの矛盾について、『インフィニティウォー』の脚本家が解答を示した。

ストーンを支配できるガントレットの神話があると思っており、オーディンの宝物庫にあるレプリカのようなもの、ファッショナブルな”練習用ガットレット”をサノスは身に着けている。彼が本物を欲した時にエイトリの元に向かった。』

なんとあのガントレットはMCU世界に存在する神話を元に製作されたレプリカだったとのことだ。脚本家は『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に登場したオーディンの宝物庫にあるレプリカを例えに出して解説した。

意外とあっさりとした理由ではあるが、言われてみれば納得してしまう。そしてレプリカをして笑みを浮かべるサノスがどこか可愛く見えてしまう。

サノスが最初に獲得したストーンはザンダー星にあったオーブ/パワーストーンだが、具体的にストーンを入手した時点と本物のガントレットを作った時点のどちらが先だったかはわかっていない。

いずれにしてもサノスはガントレット製作とストーンの回収を短期間の間で成し遂げていることを考えると、彼の尋常ならぬ野望がどれほどのものだったかがわかる。

そしてインフィニティガントレットを真似てナノガントレットを製作してしまうトニー・スタークの技術力もすさまじいものである。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『アベンジャーズ/インフィニティウォー』は現在動画配信サービスで視聴可能だ。

関連記事を読む

コメントをする