『X-MEN』のMCU参戦はまだ時間がかかる? - マーベル社長『5年後に向けて動いている』

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ウォルト・ディズニー社は先月に20世紀FOXの買収手続きを完了させ、『X-MEN』や『ファンタスティック・フォー』が実質的にマーベル・スタジオの傘下に入り、ファンが夢にまでみたアベンジャーズの共演が可能となりました。

しかしスタジオの社長のコメントによると、その実現までにはしばらく時間がかかりそうです。

『すでに5年後の計画に向けて動いている。』

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、海外メディアのio9のインタビューに答え、『X-MEN』がMCUシリーズに合流するのがいつぐらいになるのかの質問に答えています。

Marvel Studios Has a 5-Year Phase 4 Plan That (Probably) Does Not Include the X-Men

『しばらくかかるでしょう。私たちは買収が行われる前から5年後に視線を向けてすでに動き始めています。(中略)「X-MEN」が登場するには非常に長い時間がかかります。

マーベル・スタジオとディズニー社はすでに2023年までの公開日の計画を明らかにしています。そこにどのような作品がヒットするのかは不明ですが、ファイギ氏はさらに5年後に向けた計画も構想しているといいます。
また一部では2025年まで計画をしているともいわれていますので、確かに『X-MEN』がアベンジャーズと共演するまでは時間がかかりそうですが、まだまだ彼らが参戦する余地は残されているようです。

2008年の『アイアンマン』から2019年の『アベンジャーズ/エンドゲーム』までの22作品を”インフィニティサーガ”と呼ばれることがマーベル・スタジオより明らかになっており、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』からはじまる新たなサーガでは確実に『X-MEN』の存在が大きくなっていくことでしょう。

果たしてアベンジャーズの世界はどこまで広がっていくのでしょうか?今後も注目していきましゅ。

マーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!