『X-MEN:ダークフェニックス』監督、ウルヴァリンを登場させない理由をコメント - ジーンとの年齢差が原因?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

20世紀FOXの最後のX-MENとなる映画『X-MEN:ダークフェニックス』の公開が迫ってきています。今作では2000年から続いてきたシリーズに終止符が打たれます。

いままでシリーズをけん引してきたウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンは、2017年公開の『ローガン』で同役を引退していましたが、ファンの間では『ダークフェニックス』へのカメオ出演への期待もされていました。

しかし監督によると、ある理由によってそのサプライズは見送られたことがコメントされました。

ローガンとジーンの年齢差に問題が

『X-MEN:ダークフェニックス』でメガホンをとったサイモン・キンバーグ監督は、海外メディアのローリングストーンのインタビューに答え、映画の中にヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンが登場しないことを報告しています。

Why Hugh Jackman’s Wolverine Isn’t in ‘Dark Phoenix’

その理由としては、ヒュー・ジャックマンとジーン・グレイ演じるソフィー・ターナーとの年齢差にあったとのこと。

『ダークフェニックスのストーリーを知っていれば、ローガンとジーンの間のラブストーリーが魅力的だったことを感じます。(中略)ただ二人の年齢差はあまり適切ではなかった

ヒュー・ジャックマンとソフィー・ターナーの年齢差は約23歳と親子ほどの開きがあり、2人のラブストーリーを描くには少し難儀であることは感じますね。
以前までジーン・グレイを演じ、実際にウルヴァリンとのラブストーリーも描かれたファムケ・ヤンセンはヒューより4歳年上でした。
そういった点を考慮すると確かに映画の中に再び2人のラブストーリーをいれることは適切ではないですね。

そんなジーン・グレイとのラブストーリーが描かれるのはタイ・シェリダン演じるサイクロップス。もう一人の人格”フェニックス”が覚醒して暴走するジーンを止めるために苦悩を強いられます。

果たして最後のX-MENはどのような展開を迎えるのでしょうか?そしてなにかサプライズは用意されているのでしょうか?
『X-MEN:ダークフェニックス』は6月21日に日本公開予定です。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。