『ワンダーウーマン1984』米国公開日が6月から8月に大幅延期 - 新型コロナウイルスの影響を懸念して

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2020年に公開を控えるDC映画のうち、待望の続編として期待が寄せられていた『ワンダーウーマン1984』の米国公開日が、6月5日から8月14日に大幅延期されることが、米ワーナーブラザースより明らかになった。

Wonder Woman 1984 Theatrical Release Delayed Due to Coronavirus Pandemic

『私たちが「ワンダーウーマン1984」を公開することにGOサインを出したとき、映画が大画面で見られるようにするのにはあらゆる意図が存在し、ワーナーブラザース・ピクチャーズが映画を上映することに興奮しています。 私たちは8月14日に映画を劇場に持ち込む予定です。』

トビー・エメリッヒ会長が『ワンダーウーマン1984』の公開延期を正式にアナウンスした。おそらくは米国でも感染拡大している新型コロナウイルスが影響していると考えられる。

合わせて今作でメガホンをとったパティ・ジェンキンス監督と、主演のガル・ガドットもコメントを発表している。

『大画面用に「ワンダーウーマン1984」を製作しました。映画の力を信じています。劇場の所有者が非常に多く苦労しているこのような恐ろしい時代に、私たちは映画の公開日を更新し、2020年8月14日にあなたの近くの劇場で、それまでのより良い時間を楽しめることを祈っております。』

『この暗くて怖い時代に、私は明るい未来が待ち遠しいです。映画の力を再び共有できる場所、「ワンダーウーマン1984」を2020年8月14日に更新することに興奮しています。皆が安全であることを願っています。皆さんに私の愛を送ります。

このように励ましの言葉とともに、『ワンダーウーマン1984』の公開延期を共に伝えている。

『ワンダーウーマン1984』の公開が延期されたことによって、4月・5月・6月に公開を控えていたアメコミ映画はすべて後ろ倒しになることが決定した。日本での公開日は6月12日とアナウンスされていたが、米国での流れを見る限り日本での延期の可能性も高いだろう。

マーベル映画である『ニューミュータンツ』『ブラックウィドウ』の公開延期を決定しており、今のところ新たな公開日は決まっていない。
また日本では予定通り公開された『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は、米国にて早くもストリーミング配信が開始された。

映画業界にも大打撃を及ぼしている新型コロナウイルス。果たしていつ終息するのだろうか。
今後新たに公開日に関する情報が入り次第お知らせいたします。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です