S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84) レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『ダイアナ、今は無理でもいつか、あなたの時代が来て、世界を変えられる ―』

価格 6,000円(税抜)
発送日 2020年8月20日
メーカー バンダイ・スピリッツ
作品 『ワンダーウーマン1984』

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)のパッケージ

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ

まずはパッケージから。80年代の文化をイメージしたようなサイケデリックなカラーリングとレトロフューチャー的なグラデーションがとても印象的なデザイン。正面には実写のワンダーウーマンが描かれています。

  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ

各所には映画の略称ロゴも。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー パッケージ

ブリスター状態。今回は二段に。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)の本体

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

早速取り出して、S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)のレビューです。まずは全身から見ていきましょう!

  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身
  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

ぐるっと一周。S.H.フィギュアーツでは『ジャスティスリーグ』以来二度目のワンダーウーマンの商品化。今回は単独映画2作目の『ワンダーウーマン1984』に登場する新コスチュームを着た彼女を再現しています。
女性素体ながら露出も激しい意匠なので、肌の部分は変に白過ぎないいろとなっていますね。腕は細めなのですが、下半身は意外とたくましく、ヒールで高くなった足でも意外と素立ちぐらいならすんなり立たせることができますね。
また全体的なカラーリングは良好。鎧の光沢感もとてもリアルな雰囲気。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身
  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

バストアップ。ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットのフェイスを立体化。今回は非常にクオリティーが高め。輪郭や表情、髪の造形などなにもかもが自然なクオリティーとなっていますね。
特に髪はいくつかのパーツに分割されているのも高ポイント。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

フェイスはデジタル彩色によって再現。もう少し彫りが深くてもいいと思いますが、今まで発売されてきた同スケールのワンダーウーマンのフィギュアのなかでは断トツにそっくり。『ジャスティスリーグ』からも大きく改善されていますね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

髪の巻き具合も自然な形となっており、向かって右側から垂れる髪は別パーツとなっています。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

上半身の鎧部分。ここも塗装が気合入っていますねー。微妙な黒のグラデーションが加えられており、光沢感もあることでとてもリアルな質感を再現している。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

細かく走るラインも微細に造形。劇中のコスチュームの質感を思わせる塗装と造形が凄すぎる。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

背中側はこのような感じに。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

スカート部分も鮮やかなブルーに。素材としては硬めの軟質素材。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

腕は細いですねー。アーツの女性素体は全体的に細くなりがちなのはどうにかしてもらいたい。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

腕にはめたガントレットも再現。細かいモールドも表現されていますね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

脚はリアルな線で造形。しっかり立たせることもできるのが嬉しいですね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

ブーツの塗分けや金具の表現もお見事。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

ボタンで留められた留め具も再現してありますね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

靴部分もとても細かい。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身

右腰には真実の縄がマウントされています。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身 MAFEX 比較

ジャスティスリーグ版のフィギュアーツは持っていないので、今回はメディコム・トイのMAFEXからワンダーウーマン(ジャスティスリーグ)と比較。
ライトの加減もありますが、肌の色がかなり異なりますねー。MAFEXが非常に色白だったことがわかる。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 全身 MAFEX 比較

顔の似ている具合は断然フィギュアーツ。顔の大きさと体のバランスもアーツの方が美しいですね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)の付属品

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 付属品 手首

こちらは付属品の手首パーツ一覧。開き手と真実の縄の持ち手とシンプルな内容。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 付属品 真実の縄

こちらは大きく伸ばした状態の真実の縄。軟質素材ですが、ほぼ形は固定ですね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 付属品 真実の縄

付属品でも抜かりの無い造形とカラーリング。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 付属品 真実の縄 留め具

こちらは真実の縄を取り外した後の留め具。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 付属品 交換用フェイスパーツ

そして最後は右を向いたワンダーウーマンの差し替えフェイス。同じくデジタル彩色によるカラーリング。交換方式は前髪を外してから交換する形式。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)の可動範囲

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 首回転 肩可動

首回転は髪の干渉もありながらもしっかり左右にむけることが可能。肩の可動も水平方向まで動かせますね。

  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 首上可動
  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 首前可動
  • 首の前後はさすがに髪の干渉で動かしづらいところもあるものの、全く動かないわけではないので、問題ないでしょう。

  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 腰後ろ可動
  • S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 腰前可動

腰というより胸下の前後可動も狭いながらうごかすことは可能。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 腰回転

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー 可動範囲 開脚 左右

スカートが軟質素材なので、開脚も多きkうさせることができます。ただデザインの都合で接地性は厳しい。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)のアクション!

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

ということで、S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)のアクションを見ていきましょう!しょっぱなからおなじみのポーズで。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

映画『ワンダーウーマン1984』は元々6月公開、その後は8月、10月と延期したため、S.H.フィギュアーツは公開前の発売となりましたね。

『ブラックウィドウ』も同じように公開前の発売でしたが、これは仕方ないですね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

今回のワンダーウーマンは結構楽しみにしていました。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

この顔のクオリティーでそっくりなガル姉さんを立体化してくれたのは凄すぎる。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

『ジャスティスリーグ』版も見ようによっては似ていたのですが、やはり手が出せず。今回のワンダーウーマンは即決でしたね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

映画公開していないが惜しいですが、かなり楽しい。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

膝立ちも自然に決められるのが素晴らしい。可動域に関しては申し分ないかな。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

もうそっくり過ぎよ。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

髪型もとても自然なのが嬉しい。巻き具合やハネ具合など良く考え抜かれているなと感じます。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

もうすこし脇を締めれて、脚をそろえられたら良かったかも。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

この表情は本当にそっくり。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

飛びながら腕をクロス。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

真実の縄を装備。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

巻いてある状態では留め具が付いたまま。仕方ないですね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

縄を広げる。しっかり両手で持たせてポージングさせることができました。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

どうせなら『ジャスティスリーグ』版みたいに食いしばりフェイスとかあれば満点でしたね。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

真実の縄をパッと広げるようなポージングも。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

捕まえる相手が欲しくなった。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

縄自体は柔らかめなので、持たせ方によっては少し曲げながら使うことも可能。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

視線が横に向いているのも嬉しいワンダーウーマン。今後デフォルトになってほしいですねぇ。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

イケメン要素もあるガル姉さん。

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン WW84 レビュー アクション

以上、S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン(WW84)のレビューでした。

スタイルとしてはどうしても腕が細いところが気になりましたねぇ。ブラックウィドウをはじめとしてアーツの女性キャラはどうしても細くなりがちなので、もっとリアルな造形を求めたいです。
そこに目をつむるとやはりすごいのがワンダーウーマンのフェイスの再現度。今回はアーツの実写からの中でも屈指のそっくり度。知っている人が見ればすぐにガル・ガドットだとわかるほどに寄せているのは流石のデジタル色彩。ほとんどこのフェイスを目当てに購入しました。
可動範囲に関しては接地性以外は申し分ないかな。大体のポージングを十分に楽しむことができますね。真実の縄を使ったアクションポーズなどもかなり柔軟にこなすことができました。
また髪がいくつかのパーツに分割されていることで、首を回転させても自然な位置に髪がくるのも芸コマポイント。
付属品に関しては以前みたいに剣や盾が付かないものの、『ワンダーウーマン1984』でそういった攻撃的な武器を使わないことをパティ・ジェンキンス監督が話していたので、劇中再現度としては十分な付属品でしょうね。

まだ映画は公開されていませんが、鑑賞後はきっと見る目も変わるでしょうね。またゴールデンアーマーのワンダーウーマンもどうやらアーツ化されるようなので、期待しておきましょう。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする