『ワンダーウーマン1984』公開日が2020年10月2日に延期へ - 今回で3度目の延期に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックス映画の最新作として公開を予定していた『ワンダーウーマン1984』の公開日が2020年8月14日から2020年10月2日に延期されることがわかった。これに合わせて日本での公開も10月に延期になると考えらえる。

当初は6月に公開を予定していたが新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して8月に延期、そして今回でさらに10月にずれ込むこととなった。今作は当初2019年11月1日公開を目指していたので、今回で延期は3度目となる。

そのほかの理由については同じくワーナーブラザースが配給でクリストファー・ノーラン監督『TENET』が7月17日から7月31日に変更されたためだともいわれている。ワーナーブラザースとしては両作品の公開日を近づけたくないという思惑があるとのことだ。

主演のガル・ガドットは今回の延期を受けて次のようにコメントしている。

『WW84の新しい公開日は2020年10月2日です。ようやく動き出したし、これ以上興奮しないことはない!私たちはファンの皆さん無しでは映画を作ることができませんでした。皆さんが映画を見ることができるのにとても興奮しています!待つ価値はあります!

今作は2017年に公開した『ワンダーウーマン』の待望の続編であり、時代を第一次世界大戦期から1984年に移している。前作からは引き続きスティーブ・トレバー役のクリス・パインが出演するが、彼は1作目で命を落としたはずなのになぜ蘇ったのかは謎のまま。
ヴィランにはクリステン・ウィグ演じるチーターと、ペドロ・パスカル演じるマクスウェル・“マックス”・ロードが登場予定だ。

公開されれば盛り上がること間違いなしの『ワンダーウーマン1984』2020年10月2日に全米公開予定

関連記事を読む

コメントをする