パティ・ジェンキンス監督、『ワンダーウーマン』は3作で終わりにする意思を表明 - 『おそらく最後の映画』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックス最新映画として2020年に公開を控えている『ワンダーウーマン1984』。前作のヒットから大きな注目を集めている続編ですが、すでに3作目に関するうわさもたち始めている。

メガホンをとったパティ・ジェンキンス監督は3作目について触れながら、自身の最後のワンダーウーマンになることも明かした。

『見せたいものすべてを入れなければならない』

『ワンダーウーマン1984』を製作したパティ・ジェンキンス監督はドイツの雑誌Geekのインタビューの中で、『ワンダーウーマン3』について触れている。

『次(ワンダーウーマン3)はおそらく私の最後のワンダーウーマン映画でしょう。そこに見せたいものすべてを入れなければならない。慎重に考えないと。』

DCEUシリーズにおける単独映画は今のところ『ワンダーウーマン1984』が初の続編映画となっている。今まで3作品公開したDCEU映画は存在していないが、MCUシリーズなどと同様に3部作で1人のヒーローを描くの完結させようとしているようだ。

『ワンダーウーマン』は2作続けて過去の時間軸での彼女の活躍を描いており、『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』で表舞台に姿を現すまでの戦いを描いてきた。

『ワンダーウーマン3』でもその可能性は高いとみられるが、完結編ともあってどのようになるかは検討もつかない。

ちなみに以前には今作のスピンオフとしてアマゾンの戦士たちを主人公にしたスピンオフも計画されていると伝えられていた。しかしスピンオフではパティ・ジェンキンス監督は制作には関わらないとも言われている。

パティ・ジェンキンス監督は10月に公開を控える『ワンダーウーマン1984』について次のようにコメントをした。

『今作は1作目でできなかったことの多くができる機会を与えてくれました。ワンダーウーマンの起源のストーリーを描くことができてとても幸せです。(中略)彼女は女神であり、人類を助けようとしています。彼女は悪と戦うだけではなく、悪人を立ち直らせようとする方法も見つけようとしている。それはとても興味深い彼女の中のジレンマです。』

前作から一気に現代に近づいて『ワンダーウーマン1984』。ダイアナは自身の葛藤とどのように向き合っていくのだろうか。今後の情報に注目しておこう。
映画は10月9日に日本公開予定

関連記事を読む

コメントをする