『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告が初解禁!始まる大虐殺にあの新聞社も?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズが製作するマーベル映画であり、スパイダーマンのスピンオフ映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の予告編が初解禁された!

今作は2018年公開の映画『ヴェノム』の続編であり、主人公のエディ・ブロックには引き続きトム・ハーディが出演する。
前作のポストクレジットシーンにてウディ・ハレルソン演じる殺人鬼のクレタス・キャサディが今作にてメインヴィランとして登場。彼はシンビオートに寄生さえることでカーネイジという凶悪な存在へと変貌していく。

映画ではヴェノムの宿敵であるカーネイジとのバトルが初めて実写映画でも描かれるということで非常に話題にも挙がっていた。以前の公開日は2020年に予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて2021年に延期していた。

また気になる予告編にはカーネイジ以外にもスパイダーマン世界においてはおなじみの新聞社デイリー・ビューグルの新聞が登場。クレタス・キャサディの顔写真が写った表紙が確認されている。

デイリー・ビューグルはMCUシリーズの『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のポストクレジットシーンにも編集長であるJ・ジョナ・ジェイムソンがサム・ライミ版映画と同じJ・K・シモンズが演じる形で登場し話題を呼んでいた。

今のところ公式に『ヴェノム』とMCUシリーズのスパイダーマンの世界がつながっているかは明言されていないが、同じソニー・ピクチャーズが製作した『モービウス』の予告編にはマイケル・キートンが演じるヴァルチャーらしき人物が現れており、非常に多くの憶測を呼んでいた。

また予告編の公開と同時に今作のポスタービジュアルも公開。カーネイジの口の中と思しき場所(もしかするとクレタス視点?)からヴェノムの姿をのぞくといった特殊な構図となっているのも見どころだ。

新たなヴェノムの活躍を描くことになる待望の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は2021年に公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする