UNDONE フラッシュモデルをレビュー。時を超える閃光が時間を知らせる[PR]

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

僕の名前はバリー・アレン。地上最速の男だ。

なんて自己紹介してみたいアメコミオタクのゆとぴです。
ヒーローの中でも最速の男といえばDCコミックスのフラッシュでしょう。稲妻をまといながら光を超えるほどのスピードで疾走する赤い閃光は誰しもが憧れるヒーローだ。フラッシュに何度もなりたいかと考えながら雷の日を過ごしてきた。

そんな光速の男フラッシュが時を知らせてくれる腕時計を手に入れた。

フラッシュにはなれなくても、彼と共にいつもの日常を過ごせる、UNDONEフラッシュコラボ「FLASH: INTO THE VOID」アイテムをレビューしていこうと思う。

【PR】

今回はUNDONE様からのサンプルをレビューさせていただきました。ありがとうございます!

腕時計メーカー「UNDONE」とは?

今まだ幾度か紹介していますが、改めてUNDONEの「FLASH: INTO THE VOID」とはどんなメーカーなのかご紹介していこう。

UNDONEは2014年に香港で誕生した腕時計メーカー。2017年には日本でも展開を開始している。

カスタマイズウォッチを強みにしており、ベルト・文字盤・ケース・針など様々なバリエーションを自分好みにカスタムすることが可能だ。

またコラボアイテムにも注力しており、当ブログでは以前にも「バットマン」コラボアイテムや、「マーベル」コラボアイテムのレビューもさせてもらっていた。


そんなUNDONEから今回登場したのが最速の男・フラッシュのコラボウォッチというわけだ。

本体のスペックは次のようになっている。

FLASH: INTO THE VOID スペック

ケース幅 40mm excl. crown
ケース厚 15mm incl. crystal
ムーブメント セイコー NH35A

オートマチック
ケース素材 316L ステンレススチール
風防素材 特殊ポリカーボネート
防水性能 10気圧防水 / 100 M

ブラックに映える稲妻の秒針は、フラッシュの閃光のごとく。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

まずはケースから見ていこう。ボタン付きのしっかりとしたケースに本体が収められている。前面には「UNDONE」のロゴマークもあり、一目でその存在感を示してくる。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

ボタンを外してケースをスライドさせればフラッシュの腕時計がお目見えだ。ケースから初めて取り出す瞬間はいつだって堪らない。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

丁寧に収められた※フラッシュの腕時計。早速手に取ってみよう。
※初期状態ではウォッチ部分がビニールによって保護されています。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

思いのほかずっしりとした本体。やはりベースのブラックカラーに浮かぶイエローの秒針がとても印象的。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

ベルトについてはUNDONEが展開しているものを使用。全体的なサイズ感も通常の腕時計のものと大差はないだろう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

最注目なのが稲妻の形をした秒針だ。公式サイトではブラックアウト(停電)した街を疾走するフラッシュを思わせるデザインと書かれている。まさにその言葉そのままの印象を受け取った。

稲妻型という特殊な形状に、発色の良いイエローは、夜などの暗い場所でもしっかりと見ることができる。

加えて、フラッシュの閃光をイメージした秒針が時を刻む姿は、じっと見ているだけでも非常に楽しい。今にもドラマのBGMが聞こえてきそうだ。機能性もありながら、しっかりと作品の世界観に浸れるのはフラッシュ好きとしてとても推したい。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

丈夫なケースに収められた文字盤上部にはフラッシュのロゴマークがデザインされている。フラッシュのスーツの胸にもあるおなじみのマークだ。どことなくモノクロカラーなのが、フラッシュの宿敵である”ズーム”をイメージしてしまう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

長針と短針も秒針を引き立てるためにモノクロカラーに。文字盤と溶け込まないように中心はグレーカラーとなっており、視認性も問題ない。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

全体的に男心をくすぐるシンプルさと遊び心に惹かれてしまう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

ケースは重厚感のあるステンレススチール。実際に付けてみたがとても重たいということはなく、違和感なく日常使いができる。
リューズにはUNDONEのUの文字が立体的に造形されている。

また風防・防水でもあるため、ある程度の環境でも問題なく動いてくれる。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

リューズは単純に引っ張るのではなく、手前に回すと徐々にねじが外れていき、その状態で引っ張ることができるようになる仕様だ。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

パッと全体感。このクールさにフラッシュの閃光。たまりません。
フラッシュといえばスーツの緋色も印象的だが、前面には全く使用されていない。それが功を奏してシンプルさとアクセントがとても絶妙なバランスを保っている。個人的にはこの大胆なカラーの配色には拍手を送りたい。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

次は裏面を見ていこう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

裏面にはフラッシュが所蔵するDCコミックスのロゴがクリアカバーの上にデザインされている。内部のメカニックも見ることができるのも楽しい。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

DCのロゴにはコミックのフラッシュがかたどられている。ニヤリと笑いながらおなじみのポーズで疾走するフラッシュ。思わずこっちまでニヤリとしてしまった。
前面にはなかった緋色カラーもここで楽しめるのが嬉しいポイントだ。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

ベルトはナイロン以上の強度を誇るコーデュラシリーズ。耐久性に優れた信頼性のあるベルトだ。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

金具部分もブラックに統一。UNDONEのロゴも印象的だ。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

穴は8個で大体の腕の太さならば問題なく取り付けることができるだろう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

裏側にはコーデュラのロゴ。汗をかいても不快感を感じさせない素材になっている。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

上部にはUNDONEのロゴも。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

実はベルトだけでも品質が良いので、ぜひとも普段使いしてほしいですね。

【公式】UNDONE FLASH: INTO THE VOID

UNDONE 「FLASH: INTO THE VOID」イメージ&着用ショット

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

僕はフィギュアオタクなので、手持ちのフラッシュと2ショット。腕時計の普通の使い方ではないけど、堪らなくカッコいいです。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

「あれ?宣伝用の写真かな?」って思ってしまうほど良く撮れた写真。そうです自画自賛です。
それもこれもフラッシュの腕時計のデザインが最高なおかげ。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

フラッシュとフラッシュの時計を持って出かけよう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

今回は夜を選んで撮影してみた。フラッシュの腕時計をフラッシュを焚いて捉える。
彼のスピードは光速だが、腕時計はしっかりと写すことができるのでご安心を。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

どんなシチュエーションでもイエローの秒針がしっかり目立ってくれる。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

付け心地もわるくない。機能性も良く、ポップカルチャーファンにはすんなりと受け入れられるだろう。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

もちろんプライベートシーンやビジネスシーンでも問題なく使用することができるだろう。実際に僕も普段から身に着けている。フラッシュを腕に携えているというだけでも心が躍る。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

夜の街に映えるフラッシュの閃光秒針。個人的な感想だが、今回の腕時計は昼間よりも夜の方が本来の魅力を発揮する気がする。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

身に着けている日は注目されたいがために、自然と腕を前方に向けてしまいそうだ。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

男性はもちろんだが、女性が付けてもなんら違和感のないデザインなのも素晴らしい。シンプルがゆえに誰でも使うことができる。

UNDONE  フラッシュ コラボ FLASH: INTO THE VOID レビュー

最後はフラッシュと並べてみよう。

以上、UNDONE フラッシュコラボ「FLASH: INTO THE VOID」のレビューでした。

DCコミックスにみならず、アメコミヒーローの中でも屈指の人気を誇るフラッシュとのコラボアイテムというだけあって、とても楽しみにしていたアイテムだ。
写真よりも実物の方が、時計の動きを観ることができ、より稲妻型の秒針の魅力を感じることができる。
ブラックカラーをベースにし、最小限ながらもしっかりと仕事をしてくれているイエローも素晴らしいの一言。絶妙なカラーバランスにも中もしてもらいたい。

また裏面にはおなじみのフラッシュとDCロゴがあるのも遊び心を感じさせてくれる。

付け心地も重すぎないステンレススチールで、丈夫な本体とベルトも安心感をもらえる。

シンプルなデザインのため、フォーマルな服からカジュアルな服まで合わせることができるのも評価が高いだろう。一方であまり主張をし過ぎないのに、しっかりポップカルチャー好きであることをアピールできるのがオタク心をくすぐる。

そんなUNDONEの「FLASH: INTO THE VOID」、ぜひとも一度手に取ってみてはいかがだろうか?

関連記事を読む

コメントをする