ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン レビュー【ソフビもあり】

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

『そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。』

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン レビュー

価格2,200円(税込)
発売日2021年2月6日
メーカーバンダイ
作品『シン・ウルトラマン』

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマンのパッケージ

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン パッケージ レビュー

ということでまずはパッケージから。縦長のブリスターパッケージとなっており、ウルトラマンの体のデザインをイメージしたカラーリングとなっている。
ちなみに上に書いたセリフは『シン・ウルトラマン』のポスターにあったもの。まだ映画が公開されていないからね。

  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン パッケージ レビュー
  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン パッケージ レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン パッケージ レビュー

付属品はないシンプルなアイテム。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマンの本体

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

早速取り出して、ウルトラアクションフィギュアのシン・ウルトラマンをレビューしていこう。まずは全身から。

  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー
  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

個人的にはじめてのウルトラアクションフィギュアのレビュー。腰に可動軸がなく、胴体の造形がしっかりしているのがこのフィギュアの特徴だろう。造形自体はおおむねシン・ウルトラマンのイメージに準拠している印象だ。シルバーの光沢感のある塗装がまた綺麗。全体的なバランスにも違和感はない。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー
  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

バストアップ。少し縦長な輪郭のマスクを立体化。塗装のズレとかはなく、こちらも良好だ。
通常のウルトラマンと違う部分としては、目の黒いのぞき穴がないところだろうか。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ボディ周り。アバラが浮き出たような凹凸が非常にリアルだ。またシン・ウルトラマンの大きな特徴でもあるカラータイマーが無い胸ももちろん再現している。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

背中はかなりねじが目立つ。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

腕に関しては比較的細めな印象だ。手首パーツは指に可動軸が仕込まれたものとなっているため、少し大きめになっている。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー

脚もほっそりとした印象。凹凸の少ないラインになっている。特に立たせにくいといった印象もなかった。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 本体 レビュー 比較

ウルトラヒーローシリーズのウルトラマンティガと、S.H.フィギュアーツのウルトラマンと比較。ソフビとのサイズ差は予想通りだったが、アーツと並べると意外と同じぐらいだったのは驚き。シン・ウルトラマンはアーツでも発売予定なので、サイズ感がどのようになるのかも気になるところだ。

ウルトラマンアクションフィギュア シン・ウルトラマンの可動範囲

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 可動範囲 レビュー

次はシン・ウルトラマンの可動範囲を見ていこう。首の回転は広め、肩の可動も水平方向まであがり、回転も可能。

  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 可動範囲 レビュー
  • ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 可動範囲 レビュー

首の前後可動は無いに等しい。特に上方向はほとんど向かない。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 可動範囲 レビュー

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 可動範囲 レビュー

開脚は前後左右ともに広かった。接地性もある程度あり。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン 可動範囲 レビュー

手首パーツは人差し指と中指が一体化、薬指と小指が一体化しており、それぞれ開閉することが可能。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマンのアクション!

Youtubeでもレビューしていますので、ぜひご覧ください!

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

棒立ち。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

ということで、ウルトラアクションフィギュアのシン・ウルトラマンのアクションをしていこう。
棒立ちに関してはしっかりと脇を閉じることができるので、再現も可能だった。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

デザイン元になっている成田亨さんの絵をイメージしたポーズ。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

カラータイマーがないだけで、ここまで異質な雰囲気になるのがスゴイ。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

手が少しおおきめなのでバランスがわるくみえるけど、ボーイズトイ系ではあるあるなので気にしないでおこう。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

おなじみの構えポーズっぽく。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

腰を落とせない、かがめないなので、これが限界かな。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

飛行ポーズはもっと無理だった。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

立っているだけでも絵になるのがシン・ウルトラマン。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

スペシウム光線も決めることができた。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー ガボラ ネロンガ

同時発売したムービーモンスターシリーズのネロンガとガボラと対決させる。
特報映像では対決シーンも出てなかったけど、対決するよね?

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー ガボラ

ガボラと対峙。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー ガボラ

やっぱり怪獣がいると良いよね。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー ネロンガ

ネロンガとも。さすがにサイズが違いすぎてるきがするけど、ムービーモンスターシリーズは同じシリーズのシン・ウルトラマンの大きさが正解な気がする。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー ネロンガ

でもやっぱり怪獣との対決は楽しい。

ウルトラアクションフィギュア シン・ウルトラマン アクション レビュー

最後はスペシウム光線で終わり。

以上、ウルトラアクションフィギュアのシン・ウルトラマンのレビューでした。
存在は知っていたけど、はじめてかったウルトラアクションフィギュアシリーズ、なかなか良かった。付属品も特にないシンプルな内容なので、もてあそんでしまうようなこともなかったし、単純にアクションを楽しむフィギュアとしてはとても優秀だったね。
造形はイメージ通りで特に胴体のアバラが浮き出たような凹凸表現リアル過ぎた。顔についても違和感はあまり感じなかった。
大きさは意外とアーツと変わらないぐらいなので、フィギュアーツのシン・ウルトラマンが来た時にどうなるかもとても気になるところだ。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン&ネロンガ&ガボラ レビュー

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

ここからはオマケ。あまりソフビレビューをしないので、ウルトラアクションフィギュアと一緒にかった『シン・ウルトラマン』のソフビをレビューしていきましょう。

  • ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー
  • ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

こちらはシン・ウルトラマンのムービーモンスターシリーズ。非常に縦にほっそりとした姿を立体化している。とてもリアルな造形だ。脚の揃え具合もぴったしで、肩は版の小ささなんかもよく表現されている。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

シルバー塗装に関しても独自の光沢感を良く表現している。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

ちなみに可動はお分かりの通り腕の前後と腰の回転のみだ。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

存在感は抜群なシン・ウルトラマン。旅行のたびに持って行って撮影すると面白そう。

ムービーモンスターシリーズ シン・ウルトラマン レビュー

各ウルトラマンフィギュアと比較。やはりムービーモンスターシリーズのが一番大きい。

ムービーモンスターシリーズ ネロンガ ガボラ レビュー

『シン・ウルトラマン』に登場する怪獣のネロンガとガボラもともに買ってきた。

ムービーモンスターシリーズ ネロンガ レビュー

こちらがネロンガ。塗装はおおむね再現度高いような気がする。造形はめちゃくちゃかっこいいし、うろこのような体表も非常に細かくてリアルだ。

ムービーモンスターシリーズ ネロンガ レビュー

顔がカッコいい・・・。特報映像では口の中にも小さな歯がたくさんあって、ちょっと気持ち悪かった。

ムービーモンスターシリーズ ネロンガ レビュー

硫黄みたいなイエローの背中。ここも造形は迫力がある。

ムービーモンスターシリーズ ネロンガ レビュー

カードにはCGのネロンガ。

ムービーモンスターシリーズ ネロンガ レビュー

同じソフビのウルトラ怪獣シリーズのゴルザと比較してみる。高さは意外にも同じぐらいだけど、後ろ側のボリュームは全く違う。

ムービーモンスターシリーズ ガボラ レビュー

続いてはガボラ。

ムービーモンスターシリーズ ガボラ レビュー

髑髏のようなヘッドデザインがスゴイ不気味。大きく開いた襟巻も裏表で色が異なる。

ムービーモンスターシリーズ ガボラ レビュー

腕や脚などは一部ネロンガと同じパーツのような気もするが、それでもかっこよさは抜群。

ムービーモンスターシリーズ ガボラ レビュー

カードにはガボラのCG。

ということでこれ以外のムービーモンスターシリーズの詳しいレビューについては動画で紹介していますので、ぜひともご覧いただければと思います。

ゆとぴ

関連記事を読む

  1. アバター 匿名 より:

    最高!

  2. アバター しらす より:

    シンウルトラマンいいですね!!神々しさがたまらんのですよ!
    ちなみに1部ファンの間でも言われてるんですが、紹介されてたソフビのガボラとネロンガの2体、実は同一個体でシン・ゴジラみたいに進化したもんじゃないかっていう説があるんですよね〜!
    やっぱ2体ともウランと電気っていうエネルギーを餌にしてますし、ガボラはネロンガのスーツの流用で作られてて、何よりソフビやCGの手足が完璧に一緒なんですよね!
    (よく見たら2本の牙も同じような…)

    これは手抜きではなく伏線であったとすれば相当凄いですよね〜!
    ゆとぴさんが手足の共通造形に触れてるの見てコメントせざるを得なくなりました
    公開が楽しみですね〜^^

    • ゆとぴ ゆとぴ より:

      コメントありがとうございます!!
      あー、そういう考察もあるんですね!確かにありそう・・・笑
      映画公開が楽しみすぎますね!

コメントをする