新作実写『トランスフォーマー』、公開日が2022年6月24日に決定 - 作品名は不明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

映画製作会社パラマウントは、新作の実写版『トランスフォーマー』の公開日を2022年6月24日にすることを発表した。

Paramount Dates New ‘Transformers’ Movie For 2022

このニュースを報じた海外メディアのDeadlineによると、具体的な作品名は決定していない模様だ。
今から二年後の公開となると、おそらく撮影は2021年に入ってからだと考えらえる。

実写版『トランスフォーマー』に関しては先日、『バンブルビー』の世界観を主軸とした続編映画と、アニメ『ビーストウォーズ』の実写映画化の2作品の製作が複数の海外メディアから伝えられており、日本でも大きな話題を呼んだのは記憶に新しいだろう。

今回発表された公開日もこのいずれかの作品が設定されると予想されている。
どちらの可能性が高いかどうかは現時点での情報だけでは推測することが難しい。

いずれにしても『トランスフォーマー』から『トランスフォーマー:最後の騎士王』までの世界はリブートされる可能性が高いため、新たな仕切り直しになると考えられる。

個人的には今回の製作に関わり、トランスフォーマーの権利を有しているハズブロがどこまでの映画展開を目論んでいるのかも気になるところではある。

ハズブロは以前に自社が保有する『G.I.ジョー』『ミクロマン』『パワーレンジャー』にトランスフォーマーを合わせた同一の世界観の映画シリーズ「ハズブロ・シネマティック・ユニバース」を構築するともいわれていたが、この計画はどうなったのだろうか?公式に発表されたものではないものの、新しいユニバース物の誕生に期待がが寄せられていた。

少なくとも実写版『トランスフォーマー』はいまだに高い人気を誇り、現在も新作が計画中だ。また新しい情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする