トム・ホランド、「30歳でスパイダーマン卒業」コメントに補足 ー 「多様じゃないならおかしい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズにおいてピーター・パーカー/スパイダーマンを演じたトム・ホランドは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の一旦の完結編として演じることに区切りを付けており、以前のコメントでも同役からの卒業をチラつかせていた。

「30歳までにはスパイダーマン役を卒業する」というコメントもしており、いまでは若干独り歩きしている感じになっているが、当のトム・ホランドは海外メディアのインタビューに対して、補足を追加している。

『私が基本的に言おうとしていたのは、30歳になってもまだスパイダーマン役をしていて、マイルス・モラレスやスパイダーウーマンなどのより多様なものにバトンを渡さなかった場合、何か間違ったことをしているような気持ちになるということです。』

マイルス・モラレスについてはトム・ホランドも実写デビューさせるべきとも話しており、彼が演じるピーター・パーカーが次のトニー・スタークのポジションでマイルスを導いていくようなストーリー展開も期待していた。

ソニー・ピクチャーズとしてもアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の成功から、様々なスパイダーマンの実写映画デビューを模索しておるようで、現に先日には老婦人のスパイダーウーマンである『マダムウェブ』の実写化の話も入ってきていた。

そのため、時間がかかるかもしれないが将来的にはマイルス・モラレスやスパイダーグウェン、その他様々なスパイダーマンが実写映画でデビューを果たすことはありうることだろう。そうなればトム・ホランドも30歳を超えてもスパイダーマンを演じ続けるという選択を選んでくれるかもしれない。

現状では4作目となるMCU版スパイダーマン映画に関する公式な情報は入ってきていない。ただこれっきりで終わることは考えにくいため、今後の展開には注目をしておこう。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。