『マダムウェブ』主演にダコタ・ジョンソンが最有力? ー 設定変更の可能性も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズが展開するマーベル映画シリーズの「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の最新作として制作がウワサされているのが『マダムウェブ』だ。

コミックでは盲目の老婦人である彼女を主人公とした作品として、今までにないタイプのものであることからにわかに注目を集めているが、そんな今作の主演を務める女優にダコタ・ジョンソンが最有力に上がっていることを海外メディアのDeadlineなどが報じている。

ソニー・ピクチャーズは彼女に接触しているようで、出演交渉を行っているようだ。

一方でマダムウェブの高齢で盲目という設定上、コミックでは積極的にアクションするタイプのキャラクターではないはずだが、ダコタ・ジョンソンはまだ30代と年齢も若い。もし彼女がキャスティングされた場合マダムウェブの設定が変更されるか、または彼女のオリジンが描かれるのではないかと言われている。二代目のジュリア・カーペンターも有り得そうだが、そちらの可能性は低いとも言われている。

マダムウェブは神秘系の超能力を持っており、盲目ながらもスパイダーマンたちをサポートするヒーローだ。予知や透視、遠隔視、テレパシー、幽体離脱などの特殊な能力を持ち、それまさしくミュータントに近いものとなっている。

実写作品で同じように描かれるかはわからないが、いずれにしてもいままでの作品では描かれたことがないタイプのキャラクターであることは間違いないため、今後の情報には期待をしておきたいところだ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。