『ザ・バットマン』ジョーカー役俳優、続編出演に意欲 ー 「もう一度やりたい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作とした、マット・リーヴス監督制作、ロバート・パティンソン主演の『ザ・バットマン』
今作は見事に興行的にも成功し、新たなバットマンも世界中の多くのファンから受け入れられ、続編を望む声も早い段階で聞かれていた。

すでに『ザ・バットマン2』のプロジェクトは動いており、またスピンオフドラマの『ペンギン』もまもなく撮影が開始されると報告されている。

そんな『ザ・バットマン』で明確に登場することはなかったが、バットマンの宿敵であるジョーカーを演じたバリー・コーガン海外メディアのインタビューにて、続編でもジョーカーを続投したいことを明らかにした。

本当にもう一度楽しみたい。私はジョーカーのためにたくさんのことをしてきました。再演の機会があるならばご存知の通り彼らは電話をかけてきます。僕はその決断を尊重しなければならないでしょう。”

このほかにもバリー・コーガン自身もまだまだやりたいことがあることをインタビューで答えており、ジョーカー役としてさらなる活躍をしていくことを語ってくれた。

『ザ・バットマン』のジョーカーは映画終盤、リドラーが収監された隣の部屋にいた謎の囚人として登場。特徴的な笑い声からもそれがジョーカーであることが示唆されていた。

また公開されたカットされたシーンではバットマンがリドラー捜査のために、プロファイリングをジョーカーに依頼する面会のシーンが描かれていた。そこではぼやけながらも、ひどく歪んだ顔面を持つピエロ顔の男であることが確認され、このことからもジョーカーであることは確実視されている。

映画の世界においてはすでにバットマンとジョーカーの戦いは終わっていることになっているようだが、バットマンがいる限りは何度でも脱獄してバットマンと戦うことを楽しむのがジョーカーというヴィランだ。

果たして次の作品で犯罪王子が本格的に再始動する姿を見ることができるのだろうか?今後の情報に期待をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。