『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』脚本家、歴代ピーターのその後を意識していた ー 「人生のどのタイミングだったか」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして大ヒットを記録している映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
日本でもその熱が冷めること無く盛り上がりを続けているが、今作に登場したあのキャラたちについて、今作の脚本家であるクリス・マッケナ氏とエリック・ソマーズ氏の二人が海外メディアのハリウッド・レポーターについてコメントした。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

インタビュー記事ではトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドのピーター・パーカー/スパイダーマンが、それぞれの映画の後に人生のどのタイミングにいたかを考えながら制作したことを明らかにした。

エリック・ソマーズ氏:『作家として「二人のキャラクターは人生のどこにいるのか」と考え続けました。(中略)アンドリュー・ガーフィールドを最後に見たのはグウェンの死でした。それは彼を暗い状況に追いやったに違いありません。おそらく彼は抜け出すことができなかったでしょう。三作目の映画がなかったので、わかりませんが、本当に暗い場所かもしれない。』

劇中でのアンドリュー・ガーフィールド演じるピーター・パーカーは、グウェンの死の後を語っており、一度は親愛なる隣人スパイダーマンとして立ち直ったものの、段々と冷酷に犯罪者たちを殴っている自分に気がついたと涙ながらに話していた。
公開されることがなかった『アメイジング・スパイダーマン3』では、そんな人生に置いてどん底にいるピーターが描かれていたかもしれない。

またトビー・マグワイアのピーター・パーカーについても次のように話した。

クリス・マッケナ氏:『”トビーのピーターはピーター・パーカー・インダストリーズを経営している!”といったようなファンサービス的な明確なものを入れるのではなく、そのヒントを少しだけ入れてみたかった。』

トビー・マグワイアのピーター・パーカーについては『スパイダーマン3』から15年以上経っていると考えられ、MJとは前向きな理由により別々の道を歩んでいることを話していた。今作に置いては一番大人で経験豊富なスパイダーマンであるため、特にトム・ホランドのピーターにとってはメンター的な役割も一部担っていたと言えるだろう。

現在ファンの間では彼らの復活によって『スパイダーマン4』や『アメイジング・スパイダーマン3』の制作を望む声も大きくなっており、実現するかはわからないが『ノー・ウェイ・ホーム』で示唆されていた出来事が映像で描かれることにも期待したいところだ。

そんな夢の共演が描かれている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より日本でも劇場公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。